GAGLE - VG+ Release Tour - 2014.5.30(Fry) @molehall

mole hall gagole 2014.5.30

仙台在住ながら、全国そして世界を舞台に活躍を続けるHIP HOPグループGAGLE。2013に話題をさらったデジタルシングル「聞える」から1年、フルアルバムとしてはプロジェクトアルバム GAGLE x Ovall から2年ぶりとなるさらに進化を遂げたGAGLEの5枚目となる待望のニューアルバムをJazzy Sportよりリリース!!

現在アルバムリリースツアー中の彼らが、ついに松本Mole Hall に登場です!
当店でもアナログ・リリース入荷前に完売したGAGLEの最新アルバム「VG+」リリース・ツアー!!
是非宜しくお願い致します!!

-Beat Steak Fridays presents-
GAGLE VG+ Release Tour

2014.5.30 Fri. Open : 21:00

LIVE :
GAGLE

The Blakish
Kikuzen


DJs :
Asahi Kurata (mother moon music/Tropical Juice)
Sumika Tanaka
Hidenari Tanaka (mother moon)
Cat Maphiaar (IEP)
Asamoan (IEP)
DJ Ryota


Ticket : 前売 ¥2,500 / 当日 ¥3,000


GAGLE VG+ プロフGAGLE (ガグル)
DJ MITSU THE BEATS, HUNGER, DJ Mu-Rの3人からなるHIP HOPアーティスト。仙台在住。1996年に結成。2001年「BUST THE FACTS」でデビュー。その1年後、日本のHIP HOP CLASSICSの1つと名高い名曲『雪の革命』収録した1st Album「3 MEN ON WAX」をリリース。以来約10年で4枚のアルバムをリリースをしている。時代とリンクしながらも譲らない曲制作と評価が高いライブパフォーマンスを武器に着実にファンを獲得している。2011年、デビューから10周年を迎える彼らは5枚目のアルバムをリリース。3月11日の東日本大震災を受けて急遽チャリティーソング「うぶこえ」を4/29配信リリース。仙台で被災した彼らの目線で綴ったメッセージに、注目が集まっている。GAGLE 関連作品







MOLE HALL
長野県松本市深志1-2-15CENTURY MAXIMビルB1
TEL. 0263-88-5535
Event | comments(0) | -

GML : Native Tongues Tribute!! 2014.03.01 @松本GNU

gml 2014.3.1 native tangues



エントランス・フリー!!
毎月第一土曜日の深夜からゆるりと始まるラウンジパーティー=GML。

A Tribe Called Quest, De La Soul, Jungle Brothers, Monie Love, Queen Latifahらを中心にBrand Nubien, Beatnuts, Black Sheep, Commonなどヒップホップ黄金期を支えたNative Tonguesへの敬愛、まだ彼らの音源を知らない方達への提案をこめ、今回のGMLは3人 (Tiger, Asahi Kurata, Sumika Tanaka) での一貫したテーマ「Native Tongues Only」にて演出します!!
是非よろしくお願いします!!


参考までに
Wikipedia / ゴールデンエイジ・ヒップホップ
Rate Your Music / Native Tongues album ranked (彼らの作品ランキング!!)
HIP HOP FLAVA / Native Tongers









The 1st Saturday of each mouth
GNU x GML : Native Tongues Tribute!! @松本GNU / Start 21:00~
Native Tongues Tribute Set (Hip Hop, Soul, Funk & more...)

DJ's
Tiger
Asahi Kurata (Tropical Juice/mother moon)
Sumika Tanaka (BLACK SUMMIT)


DJs :


tigerTIGER (GML)
97年よりDJ活動を開始。
長野県内を中心に様々なPARTYに出演し経験を積み、HIP HOP.OLD SCHOOL.FUNK.SOULを中心とした豊富な音楽知識と、自身の武器でもあるスクラッチや二枚使いを織り交ぜたPLAY STYLEで数々の現場において、オーディエンスを唸らせる。
http://djtiger.exblog.jp


asahi kurataAsahi Kurata (Tropical Juice/mother moon)
mother moon music 主宰。ジャズ(ラテン、ブラジル、ジャズ・ファンク、フュージョン、フューチャー・ジャズ等を含めた広い定義)、ソウル、ファンク、レゲエさらにはヒップ・ホップ、テクノといった幅広いジャンルを新旧問わずにプレイするDJ。2000年半ば頃ひっそりと制作されていたMIX CDが多方面から高い評価を得ており、その1枚が偶然な経由でイギリスのレコード・ショップの耳にとまり、そこから販売&交流に至る。県内外のDJ(セレクター)、ミュージシャンを迎えて開催される『Tropical Juice』の発起人。また、ファッション・ショー、ヘア・ショーにも楽曲/選曲提供、Re-Edit、グラフィック・デザインをしたりとその活動範囲は広い。Asahi Kurata 関連作品


sumicaSumica (BLACK SUMMIT)

BLACK SUMMITの男気GROOVE NO.1。
'90s HIP-HOPをROOTSにしながら、JAZZ,FUNK,SOUL...と、
Dopeな中にも幸福感をもたらす選曲でフロアを 独特なVibesで包みます。







GNU
長野県松本市深志1-2-15CENTURY MAXIMビル4F
TEL. 0263-88-6352

Event | comments(0) | -

Ovall - The PEEP Tour - 2013.11.04 @松本molehall

Ovall -The PEEP Tour-


Ovall「 The PEEP Tour 」
リリースから3年経った今も 1stアルバムがロングセラーを記録している中、11月20日 遂にOvallの2ndフルアルバムリリースが決定。
しかも! 2ndアルバムの初披露は音源ではなくライブ!?
“リリース前にアルバム曲順通りに披露する全国ツアー” 「 The PEEP Tour 」!
MOLE HALL は11/4 ( 月・祝 ) に決定!
さらにこのツアーでは、パフォーマンスの模様をスマホ等で撮影し、YouTube等SNSへのアップもOK。
Ovallの新しい世界をいち早くPEEP(のぞき見)したコアファンの皆さん、アツいライブの模様をネットでがんがんシェアしてください。
東京、大阪はHMVが主催する名盤再現ライブシリーズ HMV GET BACK SESSION とのコラボで開催!

前代未聞、メンバーもナーバスなこのツアー&アルバムリリース、ご期待ください。

Ovall -The PEEP Tour-
2013.11.04 Mon. Open : 18:30

LIVE :
Ovall

Aragosta

DJs :
GML (Tiger, Asahi Kurata, Sumika Tanaka)
折橋栄一 (BLACK SUMMIT/MOLE HALL)


Candle : handmade candle lifart...


Ticket : 前売 ¥3,000 (+1D ¥500別途) / 当日 ¥3,500 (+1D ¥500別途)


ovall imageOvall (オーバル)
トラックメーカー/ベーシストShingo Suzukiによるバンドプロジェクト。同じくトラックメーカーとしても話題のドラマーmabanua、“vusik”としても活動するギタリスト 関口シンゴという3人のプレイヤーを中心に活動。
バンド名義でのアルバムリリース前にも関わらず朝霧JAM 2009に出演、緊張感とピースフルな空気が共存するパフォーマンスで場の空気を一遍させオーディエンスから「今年のベストアクト!」という声が多数挙がった。また2010年にはFUJI ROCK、GREEN ROOM、SUN SET LIVE、RINSING SUNなどに出演し、3月にリリースした1stアルバム『DON’T CARE WHO KNOWS THAT』はiTunes HIP-HOPチャートで1位、タワーレコードbounce年間チャートで総合(洋邦含む)8位を記録し話題に。さらに2011年にリリースした1stミニアルバム『Heart Fever』をリリース、その人気は不動のものに。
2012年、origami主宰のWebメディアOshite(オシテ)にて2ndミニアルバム『In TRANSIT』を3,000人限定で無料でリリース。リスナーのみならずミュージシャンやクリエイター陣の間でも反響を呼び、grooveman Spot、Budamunk、Kan Sano他豪華リミキサー陣によるリミックスアルバム『Re: Ovall』が急遽リリースされた。また、ヒップホップユニットGAGLEとの<GAGLE×Ovall>としても活動開始、アルバム『GAGLE×Ovall』のリリースに加え、全国各地でのライブで定評を得ている。
サンプリングと生演奏のシームレスな融合で織り成す野太いグルーヴにカラフルなサウンドスパイスがブレンドされ浮かび上がるユニークな音像は聴く者を別次元へと誘う。進化するアブソリュート・ミクスチャーミュージックから耳が離せない。Ovall 関連作品


Shingo Suzuki :
ベーシスト、キーボーディスト、トラックメーカー。その唯一無二のトラックメイキングは世界各国で話題になりMOKA ONLY、Blu、Hocus Pocusなどが共鳴し参加した1stアルバム「The ABSTRACT TRUTH」は日本、フランス、ポルトガルのiTunes HIP-HOPチャートでTOP10入りし世界中で大ヒット。Myspace、Yahoo! NEWSでも「2008年最も驚きの新人アーティスト」として取り上げられる。ソロワークとしてもSONY、ドコモ(水嶋ヒロ出演)のTVCMへの楽曲提供、七尾旅人、ダイスケ、HanaH、Keyco、Coin Banks、小林香織、SATOMI'らのプロデュース、Chara、PES(RIP SLYME)、ill J等のサポートベーシストのほか、COMA-CHI&マウンテンモカキリマンジャロとのチャリティバンド企画、さらにはサウンド&レコーディング・マガジン等音楽誌への執筆など様々なシーンで活躍中。

mabanua :
ドラマー/ビートメーカー/シンガーという他に類を見ないスタイルが話題の日本人クリエイター。その唯一無二のスタイルにJURASSIC 5のAKIL THE MC、Arrested DevelopmentのEshe、Kev Brownらも共感、コラボした1stアルバム『done already』は英BBCラジオでOAされるなど各国で話題に。また、Chara、TWIGY、七尾旅人、COMA-CHI、清水翔太、川本真琴、AISHA、Eshe、Chet Fakerなどのプロデューサー、リミキサー、ツアードラマーとしても活躍。さらに、<U-zhaan×mabanua>、Budamunkとの<Green Butter>等のプロジェクトを始動するなど積極的なコラボワークを展開。Google、UNIQLO、イオン、キユーピー他数々のTVCMやフジテレビアニメ「坂道のアポロン」の音楽を制作。現在最も注目されている日本人ドラマー/クリエイター。

関口シンゴ :
14歳でギターを弾き始め、20歳から作曲をするようになる。2006年より風景・映像の浮かぶ音楽をコンセプトにシネマティックジャズプロジェクト <vusik(ヴュージック)> を始める。2009年 1stアルバム『Cinematic scenery is here』をリリース。
また、こだまかおる (Vo.)とのユニット<EART(アート)>でもアルバムをリリースし、全国各地でライブを行い話題となっている。2012年1月 NatureBlissより初のギタートリオでのvusik最新アルバム『silent rain, silent sea』をリリース。



LIVE


aragostaAragosta
Experimental HipHop Jam Band.

From Sound Village Omachi Nagano JPN.

shun (prog,syn,g), gkt (b,syn), knj (ds,prog)


DJs :


tigerTIGER (GML)
97年よりDJ活動を開始。 長野県内を中心に様々なPARTYに出演し経験を積み、HIP HOP.OLD SCHOOL.FUNK.SOULを中心とした豊富な音楽知識と、自身の武器でもあるスクラッチや二枚使いを織り交ぜたPLAY STYLEで数々の現場において、オーディエンスを唸らせる。


asahi kurataAsahi Kurata (GML/Tropical Juice/mother moon)
mother moon music 主宰。ジャズ(ラテン、ブラジル、ジャズ・ファンク、フュージョン、フューチャー・ジャズ等を含めた広い定義)、ソウル、ファンク、レゲエさらにはヒップ・ホップ、テクノといった幅広いジャンルを新旧問わずにプレイするDJ。ひっそりと制作されるMIX CDを多方面から高い評価を得ており、その1枚が偶然な経由でイギリスのレコード・ショップの耳にとまり、そこから販売&交流に至る。県内外のDJ(セレクター)、ミュージシャンを迎えて開催される『Tropical Juice』の発起人。また、ファッション・ショー、ヘア・ショーにも楽曲/選曲提供、Re-Edit、グラフィック・デザインをしたりとその活動範囲は広い。Asahi Kurata 関連作品


sumicaSumica (GML/BLACK SUMMIT)

BLACK SUMMITの男気GROOVE NO.1。
'90s HIP-HOPをROOTSにしながら、JAZZ,FUNK,SOUL...と、
Dopeな中にも幸福感をもたらす選曲でフロアを 独特なVibesで包みます。



MOLE HALL
長野県松本市深志1-2-15CENTURY MAXIMビルB1
TEL. 0263-88-5535
Event | comments(0) | -

涙 - namida / Special Guest 大塚広子 - 2013.10.20 @長野Sound Scape

涙-namida- 〜What we think about jazz〜 soundcsape

昨年の「JAZZ IN 長野」の「涙-namida-」続いて参加させて頂きます!!
今年は大塚広子氏がスペシャル・ゲストとして登場!!

前回同様ジャズDJだから「ジャズ」をプレイするという訳ではなく、DJスタイル/スタンスとしてのジャズを選曲します。比較的早めのタイムテーブルなので遅めのBPMを中心にプレイ予定します!!

宜しくお願いします!!


涙 - namida 〜What we think about jazz〜 / Special Guest 大塚広子
2013.10.20 sun. Open : 19:00

Special Guest DJ :
大塚広子

DJs :
Toshizo Shiraishi
Asahi Kurata (mother moon/GML)
Shigeru (Life size)
Kenichi TOYA (Chika JAZZ/FAME)
F-SEXY (Symphony)
DJ Kany (addriff)
08key (Suspect)



Ticket : 前売 ¥1,500 / 当日 ¥2,000



大塚広子大塚広子 (DJ/音楽ライター)
2004年以降、ワン&オンリーな"JAZZのグルーヴ"を起こすDJとして年間160回以上のDJ経験を積んできた。徹底したアナログ・レコードの音源追求から生まれる説得力、繊細かつ大胆なプレイで多くの音楽好きを唸らせている。
渋谷の老舗クラブTheRoomにて11年目に突入した人気イベント「CHAMP」でのレギュラーDJ、老舗ライヴハウス、六本木アルフィーでのメインDJをはじめ、日本中のパーティーに出演。また、寺島靖国、後藤雅洋といったジャズ評論家たちをも巻き込んだイベント・プロデュースなど、ジャズ界の垣根を越えたその柔軟なセンスで音楽の様々な楽しみ方を提示している。
日本のジャズ・レーベルである、「トリオ」(ART UNION)、「somethin'else」(EMI MusicJapan)、「DIW」(DISK UNION)、「VENUS」(Venus Record)のMIXCDと、スウェーデン・ジャズを中心とした、スパイス・オブ・ライフ・レーベルのコンパイル作品「Music For Reading」(ディスクユニオン)を発売。過去リリースCDの売上数は延べ1万枚を超える。
2010年、スペインでのDJ招聘、「FUJI ROCK FESTIVAL2010」の出場。2012年、老舗ライヴハウス新宿PIT INNのDJ導入を提案し、菊地成孔と共演(TBSラジオ出演)。BLUE NOTE TOKYOにて日野皓正らとの共演。総動員数3万人に及ぶアジア最大級のジャズ・フェスティバル「東京ジャズ2012」にDJとして初の出演。ボブ・ジェームス、松田聖子らと共演。
DJ以外でも雑誌、webレビュー連載、ディスク・ガイドブックやCDライナー執筆など幅広いフィールドで活躍中。 http://djotsuka.com/
大塚広子 関連作品


大塚広子 - Hiroko Otsuka / The Pieces Of Venus
大塚広子 - Hiroko Otsuka / The Pieces Of Venus (MIX-CD) ¥2000(税込)


大塚広子 - Hiroko Otsuka / The Pieces of somethin’else
大塚広子 - Hiroko Otsuka / The Piece Of DIW (MIX-CD) ¥2500(税込)


大塚広子 - Hiroko Otsuka / THE PIECES OF DIW
大塚広子 - Hiroko Otsuka / The Piece Of DIW (MIX-CD) ¥2500(税込)




Sound Scape
〒380-0826
長野県長野市南長野北石堂町1414-1 孝義(タカギ)ビル5F
Tel : 090-3497-1572
大きな地図で見る


Event | comments(0) | -

GROOVE MOMENT feat. mabanua - 2013.6.15 @松本molehall

GROOVE MOMENT feat. mabanua


今回のGROOVE MOMENTは、心を包むやさしいメロディ、そして空間を埋め尽くす、温かいグルーヴをお届けします。

Ovallをはじめドラマーとして、またビートメイカー/シンガー/プロデューサー…と、多岐にわたって活躍をつづけ、
昨年ソロ2作目となる ALBUM “only the facts ”をリリースしたばかりの “ mabanua"
mabanua本人のヴォーカル&ドラムに加え、ツイン・キーボード、ベースの4人編成でのステージで、アルバムの世界観をさらに広げるライブならではの貴重な機会!

地元からは"信州madeのブレンドmusic"4pインストバンド ”cosmorama”、様々な"音"を実験的に紡ぎだし、独自の空間を表現するHip-Hopジャム”Aragosta”、SwingタイムDJ には、Tiger, Asahi Kurata, Sumicaの3人が参加。 Hip-Hopに根差した温かく深い選曲をお聞き逃しなく!


GROOVE MOMENT feat. mabanua
2013.6.15 sat. Open : 19:00

LIVE :
mabanua
mabanua ( dr,vo. ) / sunapanng ( bass ) / sj ( key.) / Kan Sano ( key. )

cosmorama
Aragosta


SwingTime DJs :
Tiger (F.S.P) / Asahi Kurata (Tropical Juice/mother moon) / Sumica (BLACK SUMMIT)
折橋栄一 (BLACK SUMMIT/MOLE HALL)


Candle : handmade candle lifart...


Ticket : 前売 ¥2,500 / 当日 ¥3,000
先行web購入 : 4/10〜4/30 22:00まで
¥2,500 (1drink & GROOVE MOMENTステッカーつき)
*お客様に心地よく踊っていただくスペースを確保するため
前売チケット120枚でSOLD OUTとさせていただきます。



mabanuamabanua (マバヌア)
ドラマー/ビートメーカー/シンガーという他に類を見ないスタイルが話題の日本人クリエイター。全ての楽器を自ら演奏し、それらの音をドラマーならではのフィジカルなビートセンスでサンプリングし再構築、Hip-Hopのフィルターを通しながらもジャンルに捉われない音創りが世界中から絶賛される。
その唯一無二のスタイルにジュラシック5のAKIL THE MC、アレステッド・デベロップメントのEshe、Kev Brownらも共感、MySpaceを通じ彼らと交友を深めコラボした1stアルバム[done already]は「ヨーロッパ全域の iTunes HIP-HOPのトップページでPICK UPされ、英BBCラジオでOAされるなど各国で話題に。

2009 年、レーベルメイトのShingo Suzuki(Bass)、45 a.k.a. SWING-O(Key.)、渥美幸裕(Guitar)と共に月刊でアルバムをリリースするプロジェクト<laidbook>をスタート、1つのテーマに沿ってセッションを繰り広げアートと音楽を融合させ たソングブックを毎月リリースし続けるという前代未聞の試みが各所で話題となる。

また、Shingo Suzuki(Bass/Key)、関口シンゴ(Guitar)と共にバンドOvall(オーバル)としても活動、バンド名義でのアルバムリリース前にも関わらず朝霧JAM 2009に出演、 緊張感とピースフルな空気が共存するパフォーマンスで場の空気を一変させオーディエンスから「今年のベストアクト!」という声が多数挙がった。
2010年は、FUJI ROCK、GREEN ROOM、RISING SUN、SUNSETなど全国の大型フェスに出演。3月にリリースした1st アルバム『DON’T CARE WHO KNOWS THAT』では、Hocus Pocus、Wayna、Kenn Starr、HanaH、類家心平他世界中のアーティストが集結。 iTunes HIP-HOPチャートで1位、タワーレコードbounce年間チャートで総合(洋邦含む)8位を記録し、英・仏でもリリースされる。
さらに2011年に1stミニアルバム『Heart Fever』をリリース、その人気は不動のものに。
2012年、origami主宰のWebメディアOshite(オシテ)にて2ndミニアルバム『In TRANSIT』を3,000人限定で無料でリリース。リスナーのみならずミュージシャンやクリエイター陣の間でも反響を呼び、grooveman Spot、Budamunk、Kan Sano他豪華リミキサー陣によるリミックスアルバム『Re: Ovall』が急遽リリースされた。また、ヒップホップユニットGAGLEとの<GAGLE×Ovall>としても活動開始、アルバム『GAGLE×Ovall』のリリースに加え、全国各地でのライブで定評を得ている。

ソロとしても活躍の場を広げ、Chara、TWIGY、七尾旅人、COMA-CHI、清水翔太、川本真琴、AISHA、Eshe (Arrested Development)、Chet Fakerなどのプロデューサー、リミキサー、ツアードラマーとしても活躍。
2011年にはビートメイカーBudamunkと共に<Green Butter>、タブラ奏者U-zhaanと共に<U-zhaan×mabanua>プロジェクトを始動するなど積極的なコラボワークを展開。また山嵜廣和(toe)×U-zhaan×mabanuaとして、中村勇吾ディレクションのもとUNIQLOに楽曲提供。さらに、Tower Recordsの“No Music, No Life?”キャンペーンにレーベルとして登場。
2012年、mabanua名義でITADAKI、U-zhaan×mabanua名義でFUJI ROCK、KAIKOO、さらに矢野顕子、小山田圭吾、MIYAVIと共に100%ユザーンに出演。
ライブのみならず、各種メディアへの楽曲提供も多数手掛け、Google、イオン、キユーピー他数々のTVCMやフジテレビ系アニメ「坂道のアポロン」の音楽を制作。
待望の2ndアルバム『only the facts』は発売直後から品切れが続出し、国内外から絶賛され大きな話題なっている。

現在最も注目されている日本人ドラマー / クリエイター。mabanua 関連作品




mabanua / only the facts (2LP)
「6月下旬発売予定」mabanua / only the facts (2LP) ¥2500(税込)

A1. intro 試聴
A2. talkin' to you 試聴
A3. sweetest things feat. Xavier Boyer from Tahiti 80 試聴
B1. until you know feat. Jesse Boykins III 試聴
B2. new love feat. Nicholas Ryan Gant 試聴
B3. want to go 試聴
C1. drawing 試聴
C2. abandon feat. J*Davey 試聴
C3. bustle 試聴
D1. everything 試聴
D2. drawing Kan Sano Rmx


MEMBER


SunapanngSunapanng
16歳より、ベースを始め、山内総一郎(フジファブリック)らとバンドを組む。ジャズに目覚め、ウッドベースを始める。
日野照正、ハンクジョーンズとセッションを重ね、2002年、古川 卓(韻シスト)らと、ニューアーバンポップバンド「 Brown Sugar」 を結成、バンド解散後はニューヨークへジャズ修行に。PUFFY、榎本くるみ、45a.ka.a.SWING-O等のレコーディング、ツアーに参加。


sjsj

さまざまなバンド・アーティストとのセッションを重ね活躍をつづける鍵盤職人。

ovallをはじめkeycoのサポート等、活動の幅は広い。

仙台出身、神奈川県を経て岡谷在住。


kan sanoKan Sano
Pianist/Composer/Producer。1983年8月6日生まれ。石川県金沢市出身。 11歳よりピアノと作曲を独学で始める。
18歳で渡米し、ボストンのバークリー音楽大学に入学。
在学中にはMonterey Jazz Festivalなどに出演。
ピアニストとしてCOMA-CHI、Eric Lau、佐藤竹善、
押尾コータロー、キムジヒョン、ゲントウキ、Glynis Martin、羊毛とおはな、長谷川健一と共演。T-SQUARE、SOIL&"PIMP"SESSIONS、OVALL、
Mountain Mocha Kilimanjaroなど
多方面の様々なバンドのメンバーとセッションを重ね、現在はTwigy、mabanua、TRI4THなどのライブサポートを行う。プロデューサーとしてMercedes-Benz mixed tapeやCosmopolyphonic
など国内外のコンピレーションに多数参加。Gilles PetersonのBBC radio「WorldWide」で
度々紹介され話題になる。ライフワークとして完全即興演奏によるソロピアノコンサートを16歳から続けている。
2010年には金沢在住のソロギタリスト石川征樹と完全即興演奏によるアルバム「共鳴」をリリース。
2011年春に自身の1stアルバム「Fantastic Farewell」をCIRCULATIONSからリリース。Kan Sano 関連作品




LIVE


cosmoramacosmorama
Kazuhiro Ohkawa(bass) / Shinya Tamura(drum) / Katsuki Kodama(mpc) / Ryuzo Miyagawa(key)

4人からなる信州madeのブレンドmusic。 クラブ、ライブハウス、野外イベント、ショップなど
場所や手法を選ばずマイルド&ビターなsoundを発信(((((--発振--)))))
地元、長野を中心に他県でも活動の場を広げ、様々な実験と試行錯誤を繰り返し独自の空間で周囲をartisticに巻き込み深化中。
2005年、結成。長野県内に生息。


aragostaAragosta
Experimental HipHop Jam Band.

From Sound Village Omachi Nagano JPN.

shun (prog,syn,g), gkt (b,syn), knj (ds,prog)


Swing Time DJs :


tigerTIGER (F.S.P)
97年よりDJ活動を開始。 長野県内を中心に様々なPARTYに出演し経験を積み、HIP HOP.OLD SCHOOL.FUNK.SOULを中心とした豊富な音楽知識と、自身の武器でもあるスクラッチや二枚使いを織り交ぜたPLAY STYLEで数々の現場において、オーディエンスを唸らせる。 現場においては、世界のTOP DJを招致し人気を博している長野県上田市の"Club Loft"にて、毎月第二金曜日開催されているモンスターPARTY”FREEDOM”や毎月第三日曜日開催されているBLACK MUSIC PARTY”STRAIGHT AHEAD”など多数のPARTYにてRESIDENTを務める。2010年よりFREEDOM SOUND PRODUCTIONに所属し、同プロダクション所属のDJによるMIX CDシリーズ”FREEDOM PARTY MIX”にも参加し、今後も同シリーズをリリース予定。


asahi kurataAsahi Kurata (Tropical Juice/mother moon)
mother moon music 主宰。ジャズ(ラテン、ブラジル、ジャズ・ファンク、フュージョン、フューチャー・ジャズ等を含めた広い定義)、ソウル、ファンク、レゲエさらにはヒップ・ホップ、テクノといった幅広いジャンルを新旧問わずにプレイするDJ。ひっそりと制作されるMIX CDを多方面から高い評価を得ており、その1枚が偶然な経由でイギリスのレコード・ショップの耳にとまり、そこから販売&交流に至る。県内外のDJ(セレクター)、ミュージシャンを迎えて開催される『Tropical Juice』の発起人。また、ファッション・ショー、ヘア・ショーにも楽曲/選曲提供、Re-Edit、グラフィック・デザインをしたりとその活動範囲は広い。Asahi Kurata 関連作品


sumicaSumica (BLACK SUMMIT)

BLACK SUMMITの男気GROOVE NO.1。
'90s HIP-HOPをROOTSにしながら、JAZZ,FUNK,SOUL...と、
Dopeな中にも幸福感をもたらす選曲でフロアを 独特なVibesで包みます。
Event | comments(0) | -