Stones Throw Japan Tour 2010 Vol.2 feat. Madlib & J Rocc

0
    stones throw japan tour 2010 vol.2


    超優良レーベルStones Throwのジャパン・ツアーの第二弾です。やべ〜。アチ〜。

    Stussy Presents
    Stones Throw Japan Tour 2010 Vol.2 feat. Madlib & J Rocc
    Supported by Wax Poetics Japan


    08.27 UNIT TOKYO
    08.28 TRIANGLE OSAKA

    ワールドワイドに熱狂的な盛り上がりを見せるStones Throw!待望の2010ジャパン・ツアー第二弾がStussy 30th Anniversaryを記念に実現!!
    Medicine Showシリーズで人気絶頂のMadlib、そしてカリフォルニアが生んだレジェンドDJ:J Rocc(World Famous Beat Junkies)。Stones Throw最重要アーティストが揃って登場!90 年代中期、LA を拠点にアンダーグラウンド・レーベルとしてスタートしたStones Throw。ヴァイナル・ジャンキーを狂喜させるべくユニークでフレッシュな才能を発掘し絶妙なマーケティングで常に最高のアーティストを最高のカタチで送り出してきた。Breakestra, Madlib, J Dilla, J Rocc, James Pants, Mayer Hawthorne, Dam-Funk、、、エクレクティックな現代のシーンに見事フィットした新しい才能はどのジャンルにも収まることなく強烈な個性で世界中の音楽ファンを虜にしてきた。そしてこれらの強烈な才能が日本にやってくる!
    様々なジャンルをまたに駆け、今やその動き一つで全てのミュージック・ラヴァー達を敏感に反応させることが出来るStones Throwが誇る真のカリスマ・アーティスト:Madlib。今ツアーでは、新作の未発表曲やジャパンツアーに向けて作られた、現場でしか聞けないMadlibのワンアンドオンリーのビート群の嵐が体感できること間違いなし!
    そして、Stones Throwからのファーストソロアルバム『Some Cold Rock Stuff』のリリースを控える、World Famous Beat Junkies主宰、西海岸きってのダイナミックでファンキーなパフォーマンスで世界中に熱狂的なファンを持つワールド・ベストDJ:J Roccも参加決定!アンダーグラウンド・イベントとしては記録的な動員と盛り上がりをみせたVol.1に続き新たな歴史を刻む一夜となること必至!!


    LINE UP:
    【SPECIAL GUEST】
    MADLIB (Medicine Show - Exclusive DJ / Beat set -)
    J ROCC (Cold Rocc - Special DJ set -)
    【SPECIAL GUEST DJ】
    Egon (Stones Throw / Now Again)
    【LIVE】
    ZEN-LA-ROCK
    LUVRAW & BTB
    DJ NK-SUNSHINE
    MR.MELODY
    STRINGS BURN (PPP)
    【DJ】
    breakthrough
    (DJ JIN×Ladi Dadi×Masaya Fantasista×FREEDOMCHICKEN)
    DJ SARASA a.k.a. Silverboombox

    SALOON (B3F)
    - Wax Poetics Japan Lounge -
    【DJ】
    Dazz (Wax Poetics Japan)
    Killer Tunes Broadcast
    C-Ken (PARADIGM SHIFT)



    MADLIB (Medicine Show - Exclusive DJ / Beat set -)
    Otis Jackson Jr. aka Madlib、Quasimoto, Yesterdays New Quintet, DJ Rels, Beat Konducta, etc. 10以上の名義と様々なジャンルをまたに駆け、今やその動き一つで全てのミュージック・ラヴァー達を敏感に反応させることが出来る数少ない真のカリスマ・ アーティスト:Madlib。90年代初頭にLootpackの一員としてキャリアをスタートし、99年にソロ・リリースしたQuasimoto 『Unseen』で一躍ヒップホップのみならずクラブジャズ・シーンからも注目される存在となった。その1年後にリリースとなったYesterdays New Quintet(全ての楽器を自身のみで演奏するジャズプロジェクト)の衝撃のデビューアルバムでその人気を一気に不動のものにした。またBlue Noteのリミックス・アルバム『Shades of Blue』、故J DillaとのコラボJaylib、MF DoomとのMadvillain、独自のスタイルでブロークンビーツをものにしたDJ Rels等オリジナル作品のみならずリミックス、コラボレーション等ジャンルの垣根を越えた活躍で次々とその鬼才ぶりを発揮してきた。また、最近では Erykah BaduやMos Defのアルバムへの楽曲提供、故J Dillaへ捧ぐトリビュート作品Beat Konducta『A Tribute To Dilla』、Strong Arm Steadyとのコラボ作『In Search Of Stoney Jackson』、 Miles Davisに捧ぐジャズ・プロジェクト:Yesterdays New Quintet『Miles Away』、デトロイトのカリスマ・ラッパー:Guilty Simpsonとのコラボ作『OJ Simpson』、そして世界中のコアなファンに向けた2010年マンスリー・シリーズ作品『Madlib Medicine Show』のリリース等、アンダーグラウンドからオーバーグラウンドなシーンへの作品を活発に発表している。今ツアーでは、新作の未発表曲やジャパンツアーに向けて作られた、現場でしか聞けないMadlibのワンアンドオンリーのビート群の嵐が体感できること間違いなし!



    J ROCC (Cold Rocc - Special DJ set -)
    J Roccこそ南カリフォリニアが生んだレジェンドDJである。1992年にターンテーブリスト集団Beat Junkiesを立ち上げオリジナルかつハイレベルなアレンジと西海岸きってのダイナミックでファンキーなパフォーマンスで世界中に熱狂的なファンを持つ ワールド・ベストDJ。1980年代にPSKというDJクルーからそのキャリアをスタートした彼はターンテーブリズムの概念を打ち破るスキルとクリエイ ティヴィティを持ち、そのターンテーブルを楽器の如く操るDJプレイは楽曲の持つ魅力を損なうこと無くスムーズでダイナミックな破壊力に満ち溢れている。 J Rocc, Babu, Melo-D, Rhettmaticから成るBeat Junkiesは97年、98年に渡ってITFワールドチャンピオンに輝く。そして99年にはヒップホップ史上に残る大ヒットとなった「Sound Bombing 2」(Rawkus)でミックスを担当。更に、別名Funky Presidentという名の通り、James Brown関連のトリビュートのミックス作品や現場でのDJプレイ、またStones Throwのポッドキャストで配信された4作に渡る故J Dillaへのトリビュートミックスや現場でのDJプレイは、両アーティストへの愛情とリスペクトに満ち溢れた内容で、常にワン・アンド・オンリーなスタイルを確立している。また、ドキュメンタリー・フィルム『Keepintime』『Brazilintime』、最近では『Secondhand Sureshots』等、西海岸を代表する様々なプロジェクトに参加してきた。2000年からStones Throwのクルーに加入後、Jaylib、Beat Konducta等のMadlib作品やライヴDJとしても活躍し、現在レーベルでも守護神的な役割を果たしている。そして、同レーベルから、自身初となるオリジナル・アルバム『Some Cold Rock Stuff』もリリース予定である。



    Egon (Stones Throw / Now Again)
    Eothen Alapatt aka Egon、レーベル随一を誇るレア・ファンク/ソウル・コレクター、”Waxpoetics”等でのジャーナリスト業、そしてなによりStones Throwの実質的マネージメント、A&Rとしてレーベル運営を切り盛りするのがこの男イーゴンである。ナッシュヴィルでの大学時代にファンク/ジャズ/ヒップホップなどにどっぷり浸かった音楽中心の学生生活を送り、地元カレッジ・ラジオのDJを経てPeanut Butter Wolfと知り合い、初期段階でStones Throwへ加入。Stones Throwの看板でもあるレア・ファンクやオールド・スクール関連作品に加え自身の幅広い趣味や交友関係からBumps(Tortoise)、Omar Rodriguez Lopez(Mars Bolta)等ヒップホップ以外の作品も多く手掛けている。また世界中のコアな音楽ファンから高い評価を得ているレーベル:Now Againを主宰、ブラジルが生んだカリスマ:Seu Jorge and Almazのアルバムをリリースしたばかり。全世界を見渡してもトップクラスと言えるその並外れたファンクへの情熱から繰り出される破壊力に満ちたDJプレイは常に必見!
    Event | comments(0) | -

    RE:れれれのレゲエ 2010.7.10 @瓦record

    0
      re:れれれのレゲエre:れれれのレゲエ ura


      前回も大盛況だった「れれれのレゲエ」が多数のゲストを迎えて開催す。これは熱いっす〜。あ、フライヤーのデザインは私です(笑)



      ALL GENLE OF REGGAE PARTY!!!
      RE:れれれのレゲエ 2010.07.10 (sat) @瓦RECORD

      open 21:00
      entrance 1000yen

      LIVE / DUBWISER、木歌、トロンプ
      DEE-JAY / TAKUROW
      DANCER / HOT GYAL
      DJs / RIDDIM∞EYE、Mystic Warrior、小島直哉、KAGA(CONFUSION)、YUKIE(peaceful garden)、jaja-tent、Mikako(DANCE TO THE BOP!/Tropical Juice)、agata(UNTITLED)

      れれれのレゲエからの、「RE:れれれのレゲエ」!!!
      今回はレギュラーメンバーに、東京・新潟からのゲストを向かえ、新たなレゲエシーンを松本市に植えつける!土を作り耕した最高の土壌。そこから芽を出す音楽は、手を繋いで大きな「樹」を創るでしょう。


      Dubwiser (ダブワイザ)
      「革新的遊び心を新鮮なままパソコンに打ち込み、インスト中心の深く華やかなダブに仕上げて皆様に届けることを信念にかかげつつも、それを怠りがちな日々をいたずらに過ごしてしまいます」---そんなDubwiserですが、やるときはやってくれますぜ!


      木歌 (もっか)
      2000年より歌い始める。2004年より活動拠点を東京へ。
      BlackMusicを敬愛し、その世界は土臭いWorldMusicへ。その後の音楽旅行はPunk,Rock,House,Pop's,etc,,多岐にわたる。そして、ジャンルという垣根を越え もっと 原始で純粋な表現へと移り変わる。永遠に続く声があるとすれば それは彼女の声だ。そのままでいいことを教えてくれる。時に優しく 時に寂しく 時に強く。そして 美しく。少年のようなファルセットと力強い女の声がまざるその声は 土臭くもハイセンス。独自の視点と哲学で この世を美しく 描き出す、そのLIVEは時を忘れる心地よさ。
      2010年新たに、Solo活動を開始、各方面から活躍を期待されている。


      RIDDIM∞EYE
      越後は三条市にある’酒とレゲエと飯の店’【や〜まん酒家】を営む料理人
      昨年までREGGAEの聖地とも云われる新宿OPENにて3年間レギュラーDJとして活動、GROOVEをキープしつつRIDDIMを操り、次々と展開しながらRASTAMANVIBRATIONを伝えSELECTER。
      毎年秋には越後の志士達と共に’自然災害復興支援チャリティーイベント【ONE☆JAH】を企画、運営。毎年進化を続け全国の同志から支持を得ている。
      3月には2年ぶりとなるMIXCD’RIDDIM∞EYE EXCLUSIVE MIX.5’をONE LOOP LAB RECORDからリリース。年内にNEW MIXCD『TRIBAL LION』をリリース予定。


      Mystic Warrior
      Far Eastern Original Jah Music Iration
      10年間の楽曲製作を経て08年10月に渾身の7inch single{Encourage Riddim/Encourage Dub}
      をリリース。国内をはじめ、FRANCEなど海外のSOUNDSYSTEMシーンで鳴り響く。
      年内には待望の2nd single{Revolution/Revolution Dub}をリリース予定。
      現在は自身のDANCE{DUB SURVIVE}で盟友Creation Troops Sound Systemと共に、実戦。現場に充満するDUB PLATEの粒子が躍動を与える。


      小島 直哉
      ROOTS・NEWROOTS中心にフロアを温かく盛り上げるDJ。不意をつかれる彼の飽きさせない選曲は、計り知れない彼の創造の世界。
      今回、二児のパパになった彼の優しさと強さが爆発するだろう。


      KAGA (CONFUSION)
      97年からDJを開始し,99年DRUM&BASSにシフト。
      東京在住時はDRUM&BASSを軸としたパーティ"Metroid"@Coreをオーガナイズし、国内屈指のアーティストをゲストに招き自らもDJとして出演する。その後AKIRAやKIYOMIと共に"Warmcolors"をスタートさせ日本のDRUM&BASSシーンにおいてLIQUIDFUNKというスタイルを確立させる。Warmcolorsの活動休止後はMAKOTOが主催する"HUMAN ELEMENTS" @ LOOPや"ZERO” @ WOMBなど多数の主要クラブイベントに加えSHIBUYA FM[78.4Mhz]のDJミックスプログラムに出演するなど活動の幅を広げ現在は長野県松本市で自身がオーガナイズするパーティ"CONFUSION"を中心に松本〜東京で活動中。
      LIQUIDFUNKを軸に様々なスタイルを織りまぜる独自のセットは多方面からの高い評価を受けている。




      Event | comments(0) | -

      怪獣公園 in 長野 Soundscape 2010.4.24

      0
        怪獣公園 symphony


        遂に長野初上陸。ナイスなファンクバンド怪獣公園が長野Soundscapeに来ますよ。
        Symphonyが1周年記念として、彼らがセレクトしたコンピレーションをプレゼント、さらには怪獣公園からも素敵なプレゼントがあるとのことです。ライヴでも充分に嬉しいのにプレゼントまでもらえちゃうとのことっす。


        Symphony 1st Annversary
        2010.4.24 start 22:00 @長野市 Soundscape

        Soul, Funk, Disco, Hip Hop, R&B, Jazz & more


        Special Live: 怪獣公園
        DJ's: Da Stimpy, Hirokaz, Jumbo, Krutch, F-Sexy



        怪獣公園 (Onion Records)
        Deep Funkという異色の7インチに魅せられたDrum、Bass、Guitar、Trumpet、Trombone、Tenor Sax、Soprano Saxの7人。2003年結成当初から、曲間をつくらず流麗な展開でプレイするスタイルを変えず、常にフロアーの温度を最高点でキープする。
        現在、WAHWAH @渋谷Roomにてレギュラー出演中。
        Event | comments(0) | -