Jimmy Smith Trio +LD (LP)

0
    Jimmy Smith Trio +LD
    Jimmy Smith Trio / With L.D. (LP/USED/NM)¥2415(税込)


    このジャケットのアートワーク大好きです。というかBlue Noteのアートワークの殆どが好き。余りにもお気に入りなのでフライヤーのデザインに相当使わさせて頂きました(笑)

    ほんでもってこの商品は、オルガン奏者Jimmy Smithが57年に録音、85年に日本(Blue Note)で限定リリースした貴重なアルバム。
    L.D.ことLou Donaldsonをフューチャーした4人編成の本作、Thelonious Monk作の名曲「'Round Midnight」のカヴァーはJimmy Smithのオルガンのおかげでソウル度が高く一風違ったナイス・カヴァー。ラテン音楽からの影響を受けた「Cha Cha J」はいわく付きの曲で、45'sのみで最終的に発売されたが、録音からリリースまでに1年以上かかったらしい。リラックスできる優しくも楽しいソウルフルなラテン・ジャズ。
    海外では結構な値段が付いてます。と考えると安いすよ。そしたらゲットですわ(笑)

    Jimmy Smith(organ), Lou Donaldson(alto sax), Eddie McFadden(guitar), Donald Bailey(drums)

    A1. Soft Winds
    A2. Hollerin' And Screamin'
    A3. 'Round Midnight
    B1. Star Eyes
    B2. Darn That Dream
    B3. Street Of Dreams
    B4. Cha Cha J
    Record - Jazz | comments(0) | -

    MAYA / マルチニークの女 (受注生産限定アナログ盤)

    0
      MAYA マルチニークの女 LP


      当店でも非常に好評で、即完売してしまったMAYAのラテン・アルバム「マルチニークの女」。その人気アナログを、中古ながらもほぼ未使用の超美品を入荷です。買い逃した方、この機会にゲットしましょう〜。

      寺島レコードよりMAYA待望の新作登場!! 今度のテーマはラテン、受注生産限定アナログプレス!!
      「ラテンアルバムを出さなければ死ねないな、みたいな。正直、思っていましたから 」MAYA

      -卸元インフォより-
      MAYA待望のラテンアルバム!
      MAYAといえばラテン。ライブでのリクエストも多く、彼女自身もラテンを歌うことを宿命と捉え、過去に多くのレコーディングを残しています。
      そんな自他ともに認める”ラテン・シンガー・MAYA”が待望の全編ラテン曲で網羅したのが本作『マルチニークの女』。初披露の楽曲を中心とし、(2)BESAME MUCHO、(7)LA CUMPARSITAなどおなじみの曲も取り入れた選曲です。
      哀しみも喜びも、様々な感情をラテンの旋律にのせて打ち明けていく・・・
      凛としながらも繊細な、それはMAYA自身の心模様なのかもしれません。
      全力で挑んだ最高傑作をお届けいたします。

      MAYA(vo), 松尾明(ds), 嶌田憲二(b), 小林 裕(p:M3-5,8,10), 岡田げん(p:M1,2,6,7,9,11,12), 内田光昭(tb:M3,5,8,10), 関根彰良(g:M1,9,11), 高橋康廣(arr:M1,3,7-9)
      produce : MAYA、寺島靖国

      ■解説:MAYA

      LP盤仕様
      ■受注限定生産
      ■クリア・ピンクカラーレコード
      ■ジャケット表と裏でMAYAの全身写真に!

      1. 稲村ジェーン
      2. ベサメ・ムーチョ
      3. セル・イ・ノ・セル
      4. アブラサメ
      5. サボール・ア・ミ
      6. マリア・セルヴァンテス
      7. ラ・クンパルシータ
      8. 崩れた世界
      9. プリンセサ・カバジェーロ
      10. ある恋の物語
      11. 優しいマルチニークの女
      12. 三つの言葉



      あわせて寺島レコード関連の商品の紹介です
      V.A.(寺島靖国) / Jazz Bar 2008 (2LP/初回限定プレス)
      ジャズ評論家として名高い寺島靖国氏によるコンピシリーズ「Jazz Bar」。その人気シリーズ「Jazz Bar 2008」が初回限定アナログプレスで登場。殆どCDのみで発売されてる楽曲が、本作の登場で遂にアナログで聴ける。

      高橋康廣 -Yasuhiro Takahashi- with 松尾明 / Melancholy Serenade (LP/初回限定プレス)
      ジャズ批評家、寺島靖国の「寺島レコード」初のホーンアルバム。何の衒いもなく伸びやかに唄う高橋康廣のサックスはただ素晴らしいの一言。
      Record - Jazz | comments(0) | -

      浜口庫之助・伊集加代子・沢田駿吾クインテット+2 / Driving Bossa Nova -爆走 (7')

      0
        浜口庫之助・伊集加代子・沢田駿吾クインテット+2 / Driving Bossa Nova -暴走-浜口庫之助・伊集加代子・沢田駿吾クインテット+2 / Driving Bossa Nova -暴走- ura


        この7インチ実際見た事もない方いるハズです。そのとおり珍しいです。それはオークションで発見するのがやっとでしょうか?
        国産7インチで「こんな値段ついてんの〜?」的なレア盤が『VAMOS!和ボッサ』より遂に復刻!!
        ¥2310でオリジナルは購入できませんよ。和モノ・ハンターのみなさん、さらにはブラジル音楽、スキャット好きな方、絶対ゲットしましょ〜。
        さらに驚きはオリジナルと見分けがつかないくらいのジャケットとセンター・レーベルの再現っぷり。最高ですわ。


        海の向こうでエロール・パーカーと『MR.FREEDOM』が再発された。その報復措置として用意されたのが、このハマクラ・伊集・沢田駿吾の『爆走』なのか。戦争に反対する唯一の手段は、このレアでキラーでスキャットでボサな最終兵器しかあり得ない。平和を。(小西康陽)

        「インディーレース・カラー作品、爆走」は、66年に富士スピードウェイで開催されたカー・レースの模様を鬼才・勅使河原宏監督が「今日のスピードとは何か」、「現代人とスピードとの関係」というテーマを鋭く追及する記録映画である。本作は7インチ・サイズの4曲入りミニアルバムという形でリリースされたサントラ盤。沢田駿吾のギターに乗り、浜口庫之助・伊集加代子の小気味良いスキャットと宮沢昭の軽快なフルートが絡みあうA1、B1が人気だ。(塙耕記)

        Mr.メロディーメイカー浜口庫之助とスキャットの女王こと伊集加代子による、とても30年以上も前とは思えないナウなスキャットが全篇で堪能できる、激レア&大人気盤!沢田駿吾のアレンジの妙も、本作を最上級の「和ボッサ」として君臨させるのに十二分な役割を担っております!某オークションサイトでは出品毎に驚愕の価格までつり上がり、その度に深い溜息を漏らしていた方々に朗報です!(駒木野 稔)

        浜口庫之助・伊集加代子・沢田駿吾クインテット+2 / Driving Bossa Nova -爆走 (7') ¥2310(税込)

        ■メンバー:浜口庫之助、伊集加代子(scat)、沢田駿吾(g, arr),他

        A1. ドライビング・ラブ - DRIVING LOVE - Listen
        A2. ミッドナイト・ラブ - MID-NIGHT LOVE
        B1. ムービン、ムービン - MOVIN', MOVIN' - Listen
        B2. グッドバイ・トゥデイ - GOOD-BYE TODAY

        ■監修:駒木野 稔、塙耕記
        ■録音:1967年
        ■原盤:キングレコード / PP-127
        ■ステレオ録音

        <復刻に関するこだわり>
        ●デジタル・リマスター(マスターテープ使用)
        ●オリジナル・ジャケットを可能な限り再現!! (ペラジャケット、発売当時の解説付)
        Record - Jazz | comments(0) | -