再入荷・Rick "The Godson” Wilhite / FREEDOM SCHOOL D.J. Series vol.1 (12")

0
    Rick "The Godson” Wilhite / FREEDOM SCHOOL D.J. Series vol.1 (12") ¥1620(税込)


    Moodymannが運営する「KDJ」レーベルから96年に『Soul Edge』でデビュー。その後、Theo Parrish, Moodymannと共に3 Chairsを結成。長年にわたり運営してきたデトロイトのレコードショップ『Vibes Rare & New Music』のオーナーを勤める傍ら、自身のソロプロジェクトも展開し、ビートダウン〜ヒップホップ迄デトロイトのみならず世界中に大きな影響を与え続ける漢=Rick Wilhite。

    『FREEDOM SCHOOL D.J. Series vol.1』と題された本EP。スウィングするシンバルが際立つジャズとディスコの遺伝子を内包させたMark Eでもお馴染みのGS"Keep Smling"使いの黒くしなやかなミッド・グルーヴに、微細にさえずるSE/音響、KDJネタとしてお馴染みのQJ"Roots"からのアフリカン・ルーツなサンプル等を織り交ぜていき、暖かくプリミティヴな黒い音の力をジワジワとコラージュしていく「Tribute & Respect」をA-Sideに。
    一転B-Sideは、どす黒いキックが振るわせるグルーヴに荒削りなシンセのリフレインを絡ませ、Ron Hardyの意志を継承するシカゴ/デトロイトのブラック・マッドでエフェクティブなジャック・グルーヴを展開する「Techno Dust」、そしてリズミカルに刻むハット&リムが際立つ黒くローファイかつ躍動的なTRK/グルーヴに、ざらついた響きのエレピ系キーボードや黒くプリミティヴなヴォイス・フレーズがブラック・ダブにFeatされる「Kinky」を収録。
    そしてマスタリングを手掛けるはOmar-S!!

    Theo Parrish、Moodymannと共にアンダーグラウンド・ブラック・ミュージックの未来を切り開くベテランRick Wilhiteの、その奥深くも革新的な才能が爆発する1枚が遂に完成!!
    大推薦!!

     
    A. A. Tribute & Respect 試聴
    B.1. Techno Dust 試聴
    B2. Kinky 試聴

    Mastered by Omar-S
    (A. 45RPM / B. 33RPM)

     
    Record - House / Techno / Nu-Disco / Beat Down | comments(0) | -

    再入荷・She’ s So Rad / Last Dance E.P. (12")

    0
      She’ s So Rad / Last Dance E.P.
      She’ s So Rad / Last Dance E.P. (12") ¥1580(税込)

      再入荷!!

      「Wonderful Noise」新展開を予感させるニュー・リリース、She’ s So Rad『Last Dance E.P.』!!!

      2000年代前半より数々の作品で、ポストパンクやシューゲイザーなどのジャンルで広く認識されていた、ニュージーランド・アーティスト、Jeremy Toy率いるバンドShe’ s So Rad。今回のE.P.制作にあたり自身が深く精通する80'sディスコや、ブギーサウンドのテイストを取り入れスペシャルなディスコサウンドを制作しているのだが、コレが実に素晴らしい!!
      Moog、DMX、Drumtraks等のヴィンテージのアナログシンセ、エフェクター、ドラムマシーンなど使用し、ニュージーランドオークランドにある映画館跡の地下スタジオで自らそれらの楽器を演奏しすべて録音。
      80'sの録音手法を再現する為に、コンピューターのシンセサイザーやサンプリングマシーンの一切の使用を避け、本物のミュージシャンが本物の楽器を使うスタイルで当時のリアルな音を再現!!

      歯切れの良いビートとコスミックなシンセがどこまでも広がっていくA1「Refresh」や、バウンシーなビートとベース、きらびやかなシンセが揺れるDam Funk〜PPPラインなA2「Breakout」。そうかと思えばThunder Catの様なサイケデリック・フュージョンのA3「Last Dance」や、Don Blackman風なベースラインとクロスする鍵盤がヤバい、80s極太ファンク・チューンのB1「Live Via Camloops」、Reclooseがサックス・プレイヤーとして参加のB3「Disco Star」などなど、いずれも本当に素晴らしいです!!

      マスタリングはJ Dilla、Quasimoto、J Roccの「Stones Throw」作品等も手掛けるL.A.の敏腕マスタリングエンジニア、Dave Cooleyが担当!!


      Jeremy Toy from She's So Rad
      2003年、南アフリカ(ケープタウン)で行われたRed Bull Music AcademyにAmp Fiddler、Jneiro Jarel、A-Trakなどと共に参加。これまでにOpensouls、Tyra Hammond & The Tornadoes、Ladi6、Lips、Hollie Smithや、The Sami Sistersなどへの曲をプロデュースし、Julien Dyne、Elecric Wire HustleやMark De Clive-Loweなどの作品にアーティストとして参加。

      She's So Rad - Last Dance E.P.

      Until now, the band She’s So Rad have been synonymous with post/punk,shoegaze music. With the ‘Last Dance E.P.’ producer Jeremy Toy has dug deep in his knowledge of disco and boogie to create a ‘special disco version’ release for the band. The result is a 6 track E.P. full of disco/boogie heat.

      Last Dance E.P. has been created entirely with analog synths, live instruments and 1980’s era specific drum machines all performed by Jeremy Toy, recorded in his studio beneath a rundown cinema in his hometown of Auckland, New Zealand. There is no use of soft-synths or
      software based samplers as Toy wanted to deliver a record that was made “like they used to make records” with real musicians playing real instruments. The heart of this record is a Moog synthesizer, DMX and Drumtraks drum machines. Vocals are performed by Anji Sami and Jeremy Toy in unison to create their unique vocal sound.

      The record has been made at the highest fidelity possible, 24bit 88.2khz, so that the vinyl pressing can be as sonically full and as close to reality as a digital recording can be.These songs have been transformed live by the band and the band can now play disco party sets on request as an alternative to their shoegaze sets. Toy has said
      of this change “it is such a great thing to be able to play this live boogie with a band that is used to playing post punk music, the energy a rock band brings to the boogie music is great, we end up with a live sound that is much closer to the raw feeling of E.S.G. or Talking Heads than the super smooth boogie of Marcus Miller and Tom Browne although these artists are also big influences on the E.P.” The E.P. has guest appearances from Recloose - saxophone on ‘Disco Star’ and Steph Brown (aka Lips) - Sequential Circuits Pro-One synth wobbles on ‘Live Via Camloops’.No stranger to a large variety of genres of music, Toy is a
      past participant at the Red Bull Music Academy and has produced records for Opensouls, Tyra Hammond & The Tornadoes, Ladi6, Lips,Hollie Smith and The Sami Sisters as well as appearing on records by Julien Dyne, Liam Finn, Electric Wire Hustle, Homebrew, David Dallas and Mark De Clive-Lowe.


      A1. Refresh
      A2. Breakout
      A3. Last Dance
      B1. Live Via Camloops (feat. Steph Brown aka Lips)
      B2. Messin' Up
      B3. Disco Star (feat. Recloose)


      Record - House / Techno / Nu-Disco / Beat Down | comments(0) | -

      Obas Nenor / My Way Home - A Change Got To Come (12")

      0
        Obas Nenor / My Way Home - A Change Got To Come (12)
        Obas Nenor / My Way Home - A Change Got To Come (12") ¥1890(税込)

        Moodymann主宰「Mahogani Music」新作12inch!!
        Gil Scott-Heron「Home Is Where The Hatred Is」ネタのコズミック・ハウス・エディット!! Bサイドに収録された漆黒のディスコ・ハウス「A Change Got To Come」も秀逸!!


        2014年春にリリースされたDAN SHAKE「3 AM JAZZ CLUB」以来となるニュー・ヴァイナルが到着! 先日リリースされたNY HOUSEの殿堂、"Strictly Rhythim"からANDRESによるを収録したデビューEP「I Love You」をドロップしたばかりのOBAS NENORが登場!!

        Aサイドに収録の「My Way Home」は、DJ RASHADやKANYE WESTもサンプリングしてきた定番ソースであり、近年ではJAMIE XXによるリメイクも大きな話題となった御大GIL SCOTT-HERONによる'71年作「Home Is Where The Hatred Is」をネタにしたコズミック・ハウス・エディット。
        Bサイドに収録された漆黒のディスコ・ハウス「A Change Got To Come」も、GWEN McCRAE「90% Of Me Is You」等のネタを使用した特徴的なベースラインが耳に残るキラー・チューン。


        A. My Way Home 試聴
        B. A Change Got To Come 試聴



        Record - House / Techno / Nu-Disco / Beat Down | comments(0) | -