再入荷・ele-king books vol.1 三田格+野田努 / Techno definitive 1963-2012 (Book)

0
    ele-king books vol.1 三田格+野田努 / Techno definitive 1963-2012 (Book)ele-king books vol.1 三田格+野田努 / Techno definitive 1963-2012 (Book)
    ele-king books vol.1 三田格+野田努 / Techno definitive 1963-2012 (Book) ¥2625(税込)

    再入荷!!

    日本で最初の“ テクノのカタログ本”の決定版(definitive)!
    いままでありそうでなかったテクノの王道に迫るカタログがele-king books 第一弾書籍として登場!

    シュトックハウゼンからクラフトワークへ、クラフトワークからデトロイト・テクノへ、デトロイト・テクノからジャングル/ダブステップへ。アンビエント/ノイズ/インダストリアルからニューエイジへ。ムーグ・シンセサイザーからラップトップ・ミュージックへ……さまざまなジャンルを横断しながら、エレクトロニック・ミュージックの歴史50年(1963~2013)を、名盤を紹介しながら追っていきます。

    現代音楽、ミュージック・コンクレート、イージー・リスニング、サイケデリック、クラウトロック、ダブ、ディスコ、シンセ・ポップ、ノイズ、インダストリアル、ヒップホップ、アシッド・ハウス、デトロイト・テクノ、レイヴ、ジャングル、ミニマル、ジャーマン・トランス、IDM、グリッチ、ブレイクコア、グライム、ダブステップ、ジューク…およそ100年にもおよぶエレクトロニック・ミュージックの軌跡。
    全270ページ、オールカラーで700枚以上ものテクノの名盤のアートワークを掲載するとともに、各年代ごとの最重要アルバムと最重要シングルがセレクトされ、半世紀におよぶテクノの歴史が網羅された全音楽ファン必帯の一冊!

    Book | comments(0) | -

    デヴィッド・カッツ+森本幸代 / Solid Foundation / 語り継がれるジャマイカ音楽の歴史 (Book)

    0
      デヴィッド・カッツ+森本幸代 / Solid Foundation / 語り継がれるジャマイカ音楽の歴史
      デヴィッド・カッツ+森本幸代 / Solid Foundation / 語り継がれるジャマイカ音楽の歴史 (Book) ¥3800(税込)

      限定1000部!! 590ページ!!

      「レゲエ博士」の異名で知られる英国の研究家、デヴィッド・カッツが長年に及ぶ現地取材でジャマイカ音楽関係者300人以上から得た証言で綴るジャマイカン・ミュージック・ヒストリー!!

      リズム&ブルースの流入からスカの誕生、ロックステディ、初期レゲエ、ディージェイ/ダンスホールの隆盛、ダブ・ミックスの発達、デジタル化に至るまで網羅した正に決定的な1冊!!
      日本版オリジナル原稿2章分(13&14章)を追加!!


      第1章 ブギー・ロック~サウンド・システム文化とジャマイカのリズム&ブルース~
      第2章 セレブレーション・タイム~スカの誕生~
      第3章 テイク・イット・イージー~クールなロック・ステディ~
      第4章 フィール・ザ・リズム~初期のレゲエ~
      第5章 ブロッド・アンド・ファイヤー~ルーツ・レゲエを予感させる音~
      第6章 メリー・アップ~ディージェイとダブ~
      第7章 ディージェーズ・チョイス~地位の上がるディージェイ~
      第8章 ナン・シャル・エスケイプ・ザ・ジャッジメント~“フライヤーズ”とロッカーズ・スタイル~
      第9章 ナッティ・ドレッド・テイキング・オーヴァー~ルーツ・レゲエの隆盛~
      第10章 オー・ロード~ディージェイとルーツ・レゲエの最盛期~
      第11章 ナイス・アップ・ザ・ダンス~ダブ・ポエトリーとダンスホール・ラバダブ~
      第12章 アンダ・ミ・スレン・テン~ジャマイカ音楽のデジタル化~
      第13章 ウエア・ユア・サイズ~ハードコア・ラガの時代における物語性とスラックネス、銃に関する語りとスピリチュアリティ~
      第14章 21世紀を目前にしたラスタ・ブームの復活とハードコアなアーティスト


      ・ジャマイカ初のサウンドシステムは?
      ・レスリー・コングを音楽の世界に導いたのはジミー・クリフ?
      ・オーガスタス・パブロがメロディカを手にしたきっかけとは?
      ・キング・タビーの初代のコンソールは手作り!?
      ・ビッグ・ユースの初レコーディングをしたのはグレゴリー・アイザックス!?
      ・ディリンジャーの名付け親はリー・ペリー!?


      『こ の本は、ジャマイカ・ポピュラー音楽の礎を築いた人たちの声をまとめている。外部の者の曲がった視点でジャマイカ音楽の歴史をまとめて「完璧なジャマイカ 音楽の歴史」と言うのではなく、ジャマイカ・ポピュラー音楽のパイオニアたちに、彼ら自身の言葉で歴史を語ってもらった。その上で、「この素晴らしい音楽 を生んだのは誰なのか」「その音楽を生んだ人は、どういう人物なのか」「どうやって彼らはアーティストやミュージシャン、エンジニア、プロデューサー、サ ウンド・マンになったのか」「個別の音楽形態がそのようなかたちをとっているのはなぜなのか」「どうしてこれほどジャマイカ音楽の影響力は強いのか」
      「ど うしてジャマイカ音楽の影響が軽く扱われたり、もみ消されそうになるのか」「アーティストやミュージシャンが表現しようとしていたものは何なのか」「彼ら はジャマイカ音楽が国外で影響を与えていることについてどう感じているのか」という疑問に答えられたらと思っている。 』(本書 はじめに から抜粋)


      著 : デヴィッド・カッツ / David Katz
      翻訳 : 森本幸代

      Book | comments(0) | -

      再入荷・Wax Poetics US 34号入荷

      0
        wax poetics US 34wax poetics US 34 裏
        Wax Poetics No.34 (Book) ¥980(税込)

        Wax Poeticsの34号 (英語版) 再入荷しました。

        僕の一番好きなジャズ・ミュージシャンJohn Coltraneを表面に、裏側はFreddie Hubbard。というわけでジャズ特集です。

        ジャズ界のみならず、クラブ世代、ヒップホップ方面にも絶大な人気を誇るCreed Taylor、Richard EvansHorace Tapscottといった凄腕プロデューサー/アレンジャー。かれらは現在のプロデューサー/トラックメイカーからも人気で、4HeroはモロにRichard Evans、Charles Stepneyからの影響を受けているのがわかりますね。
        Charles Stepneyの関連作品ミックスもどうぞ「Asahi Kurata / Les Fleur
        34号の同時にUS Issue入荷してまっす。

        wax poetics US 34 内側





        さらには、Dorothy Asby、Al Williams Quintet Plus One、The Third Wave、Slipstream、Bruce Ditmas、Hank Crawford、Joe Cuba、David "Fathead" Newman、9dw、Stonephace、Ululation、Melvin Sparks、Joel Dorn、Analog Outといった幅広いミュージシャンと音楽の貴重な記事を収めている。英語版であるが、この本を読まずして真のミュージック・ラヴァーとは言えない?

        Our landmark Jazz Issue (#34) features the classic Blue Train photo of John Coltrane, uncropped, as well as trumpet star Freddie Hubbard. Behind both of these legends was jazz producer Creed Taylor, who left his mark on Impulse and Verve before starting his untouchable CTI Records. Also: Horace Tapscott, Richard Evans, Joel Dorn, Melvin Sparks.

        Creed Taylor
        "Simply put, jazz critics are not my favorite people," sQuintet ays Creed Taylor. "And I'm not their favorite producer."

        Horace Tapscott
        "It's like bringing up your children in a certain area because you want them to grow and be aware of certain things. This same principle applied to us, as far as Black musicians were concerned," proclaimed Horace Tapscott.

        Melvin Sparks
        An unfailingly humble man, Melvin Sparks seems to locate himself on the fringes of jazz history...



        Book | comments(0) | -