再入荷・Jimmie Soul / Better Call Soul (MIX-CD)

Jimmie Soul / Better Call Soul (MIX-CD)
Jimmie Soul / Better Call Soul (MIX-CD) ¥1512(税込)

再入荷!!

Twilight City Records』×『Jimmie Soul』コラボレーション企画第一弾!!


2016年春、完全自主製作にて手売りのみの販売を行ったMix Tape「Better Call Soul」。
Tape という媒体で販売にもかかわらず、その内容の素晴らしさと斬新さから、手売りにもかかわらず多数の販売本数を記録する。 その話題性がSNSや口コミで拡がり、素人玄人問わず数多くのリスナーからCD化希望のリクエストが殺到。
満を辞して2016年11月、今最も勢いのあるレーベル『Twilight City Records』より、新たにリマスタリングされ内容も増量されたCD版「Better Call Soul」が待望のリリース!!

Jimmie Soul本人が提唱する「地味~ソウル」をふんだんに使ったLive Mix! 「地味~ソウル」とはその名の通り、地味な60's~70'sのゆったりとしたSoulの事だが、Jimmie Soul特有の「イケてる繋ぎとイナタイ2枚使い」によって収録曲の良さを更に引き出し、古い曲ながら新しさを感じる作品に仕上がっている。再生した瞬間 から正に「大人のソウル」を体感できる味のある好内容MIX。
Jimmie Soul Special Interview

Jimmie Soul
四国は香川県高松出身。
98年頃、たまたま地元で観たKeb dargeのDJに一発で衝撃を受け、Soul,Funkの世界にどっぷりハマりその後の人生が狂う。
その後、上京。
知る人ぞ知る伝説のレコード屋「片山レコード」にて働きながら勉強し自身の礎となるSoul,Funkの膨大な知識を得る。
この頃からDJしての活動も始まり、今や知らない人はいないであろうレジェンドDJ達ともイベントを共同開催した経歴がある。
近年は地元、香川県高松市を中心に活動しイベント「Soy Lounge」へのレギュラー出演。2016年春には、完全自主製作にて手売りのみの販売を行ったMix Tape「Better Call Soul」を製作。
そして、毎朝のTwitterでの呟き「本日のラッキー地味〜ソウル」やMix Cloudにて隔週配信の海賊ラジオ「Jimmie Soul Radio」の人気が地味〜に拡散中。

Twitter twitter.com/jimmie_soul
Mixcloud mixcloud.com/JunOKadaaa/

MIX CD - Funk / Soul / Jazz | comments(0) | -

再入荷・MURO / 7INCHES OF RAP - 45s A GOGO (MIX-CD/紙ジャケット仕様)

MURO / 7INCHES OF RAP - 45s A GOGO
MURO / 7INCHES OF RAP - 45s A GOGO (MIX-CD/紙ジャケット仕様) ¥2057(税込)

再入荷!!

MURO渾身の2015年新作は、近年人気の高まるヒップホップのドーナッツ盤だけを使って完成させたMUROファン絶対マストのミックス!


MURO久々のピュア・ヒップホップ・ミックスは、MURO秘蔵のヒップホップの7インチ・オンリーの強烈ミックス!!
ミックスでも現場でも最近とくに7インチに深い愛情を見せてきたMUROですが、ここに来て真打ヒップホップのミックスは、誰も想像できなかった7インチ・オンリーのミックスという驚愕の内容を披露!!

当時12インチが主流のヒップホップのヴァイナルの歴史では、7インチは非常に珍しい存在でした。当時のDJ達はこぞって12インチを買い漁る中、忘れ去られてきたヒップホップの7インチに光を当てたのが本作『7INCHS OF RAP』。
LPや12インチ・ヴァージョンと異なる7インチ・ヴァージョンやレア・リミックス、ドーナッツ盤ならではの音圧、そしてファンク45のような7インチならではの勢いのあるミックスも、ドーナッツ盤だからこそのマジック!
MUROがヒップホップの歴史を7インチでレッスンするかのようなオールド〜ミドル〜ニュー・スクールへと流れる怒涛の展開。さながら「ラップ版ブレインフリーズ」とでも呼びたくなるのは私だけではないはず!

近年人気の高まるヒップホップのドーナッツ盤。その魅力を余す所なく伝えるMUROからの最高すぎるミックス到着!!




MIX CD - Hip Hop | comments(0) | -

再入荷・Yasushi Ide / Brian's Organ - Yosuke Tominaga Remix (7")

Yasushi Ide / Brians Organ - Yosuke Tominaga Remix (7)
Yasushi Ide / Brian's Organ - Yosuke Tominaga Remix (7") ¥1620(税込)

再入荷!!

太いベースうねる跳ねたリズム・セクション、ラグドでブルージーなギター、黒光りしたオルガンが織り成す漆黒のレゲエ・ファンク・インストな「ALBUM VERSION」から痺れる程のカッコ良さ。
忍ばせたダブワイズなアレンジも効いてきます。岡野 タイガー 諭 (Mountain Mocha Kilimanjaro) のドラム・ブレイクから幕開け、ベースレスで黒いグルーヴと間を体感させるファンクに再構築した「YOSUKE TOMINAGA REMIX 」も◎。
2ヴァージョンで2枚使いしたくなる!?


井出靖のソロ・アルバム「LATE NITE BLUES」から待望の7インチ・シングルをカット! SIDE Aは 国内外で現在熱い注目を集める、冨永陽介によるリミックスを収録。


国内外で現在熱い注目を集め、またKENNY DOPE主催のレーベル『KAY DEE』からもリリースをしている、DJ/クリエイター/プロ デューサー、冨永陽介。彼が手掛けたリミックスは、Mountain Mocha Kilimanjaroのドラマー、岡野 タイガー 諭をフィーチャー した、なんとベースレスな、『Strata-East Records』の作品郡を彷彿とさせる、現在進行形の黒いファンクネス!


SIDE B ALBUM VERSION
ダビーなリズム・トラックに、堀江博久のBrian Augerを彷彿とさせるJazz Rockなオルガン、石井マサユキのSteve Cropperら を思い出させるブルージィなギターをフィーチャーした、架空の映画のサウンド・トラックのようなオリジナル・バージョン。


A. YOSUKE TOMINAGA REMIX
B. ALBUM VERSION

Record - Japanese / Soul / Funk / Pops | comments(0) | -

再入荷・Aiko (Hawaii) / Fly With Me - Time Machine (7")

Aiko (Hawaii) / Fly With Me - Time Machine (7)
Aiko (Hawaii) / Fly With Me - Time Machine (7") ¥2160(税込)

再入荷!!

79年にAIikoこと関口愛子がハワイ滞在中にひっそりとリリースされた異色のレアLP“My Home Town”からの7インチカットが登場!!


ここ日本ではハワイ通を自負する収集家にも知られていなかったメガレア作品。オーナーであるハワイ有数のディガーROGER BONG氏の手により、このたび日の目を見ることに!!
A面「Fly With Me」はバリー・ホワイトが手掛けたかと思える程のNICEメロウ・ミディアムな極上ハワイアンFREE SOUL!! B面「Time Machine」は面白和モノディガーも真っ青な、癖になるジャパニーズ・破廉恥ディスコ!!

やはり今後も当レーベルから目が離せないです。

A1. Fly With Me
B1. Time Machine



7-inch vinyl includes full color reverse board jacket with spine, with Japanese lyrics printed on the back cover. Limited to 1000 copies.
Record - Japanese / Soul / Funk / Pops | comments(0) | -

再入荷・佐藤奈々子 / サブタレニアン二人ぼっち - 最後の手品 (7")

佐藤奈々子 / サブタレニアン二人ぼっち - 最後の手品 (7)
佐藤奈々子 / サブタレニアン二人ぼっち - 最後の手品 (7") ¥2052(税込)

再入荷!!

佐藤奈々子キャリア初期の名曲「サブタレニアン二人ぼっち」「最後の手品」を初7インチ化!


シティ・ポップ名盤『Funny Walkin'』、『Pillow Talk』から、洗練された都会の夜明けの美しさと、少女から大人になっていくうつろでアンニュイな女心を歌った、ドリーミン・ライト・メロウな2曲をカップリングした企画盤です。

A面「サブタレニアン二人ぼっち」は、慶應義塾大学の学生時代、まだ世に出ていなかった佐野元春と共作したデビュー・アルバム『Funny Walkin'』('77年)の収録曲で、大野雄二をアレンジャーに迎えた楽曲。都会の詩情が描かれた歌詞とマッチしたジャジーな雰囲気の中に、シンセの織り成す浮遊感とエンターテイメント性が盛り込まれたポップ・ナンバーです。
B面「最後の手品」は、プロデューサーに小坂忠を迎えたサード・アルバム『Pillow Talk』('78年)からのシングル・カットで、佐藤博が楽曲提供した極上メロウ・グルーヴ・ナンバーとなっています。


A. サブタレニアン二人ぼっち 試聴
B. 最後の手品 試聴
Record - Japanese / Soul / Funk / Pops | comments(0) | -