Blu, Exile, Johaz (Dag Savage), Choosey & HUNGER (GAGLE) / EyeSheTell (7")

0
    Blu, Exile, Johaz (Dag Savage), Choosey & HUNGER (GAGLE) / EyeSheTell (7Blu, Exile, Johaz (Dag Savage), Choosey & HUNGER (GAGLE) / EyeSheTell (7
    Blu, Exile, Johaz (Dag Savage), Choosey & HUNGER (GAGLE) / EyeSheTell (7") ¥1512(税込)

    BLU & EXILE × GAGLE」日米5本マイクのコラボ盤!

    これが聴きたかった..記念すべき瞬間に産み落とされた奇跡的なグルーブ「EyeSheTell」(アイシーテル)7inchアナログ一般発売決定!

    LAをベースに活動、ワールドワイドで幅広い人気と支持を得るBlu & Exile。そして3月にアルバム「E&J」をリリースしたばかりのDag SavageのJohaz、Dirty Science CrewのChoosey、日本からはGAGLEのHUNGER、5本マイクの強力コラボが実現。「EyeSheTell」(アイシーテル)と題されたこの曲はExileのアイデアによるもので、自由な雰囲気の中「チルして一緒に楽しもう」といったところ(Exile自身もフックで参加)。リラックスしたスタジオでの空気感そのままに各MCが持ち味を発揮し合う。
    プロデュースはDJ Mitsu The Beats。透明感のあるウワモノに絶妙なタイミングで入ってくるベースラインとクッキリとしたドラムが弾みを与える。「ノリ」だけでは片付かない耳の肥えたリスナーも垂涎の完成度!裏面収録のRemixはMONO × MONKEY。独特なビートサイエンスで2014年復帰の狼煙。こちらも聴き逃せません。
    2013年11月、初来日を果たした翌日、仙台でレコーディング。認め合うもの同士が集い、同じ時、同じ場所を共有することでのみ産み出すことのできた貴重な瞬間と奇跡的なグルーブをお楽しみください!


    BLU & EXILE
    独自のフロウと存在感を持ち、地元LAのシーンでも一目を置かれる存在であるラッパー、Bluと、メジャーを含めて様々なアーティストにトラックを提供するプロデューサーでありながら、サンプラー(MPC2000)を使った神業ともいえるプレイでも知られるプロデューサー、Exileによる実力派ヒップホップ・デュオ=Blu & Exile。これまでソロ活動や様々なアーティストとの共演に加えて、Blu+Exileとしても2枚のアルバムをリリースし、アンダーグラウンドシーンを中心にワールドワイドな支持を得てきた彼らが、この11月、遂に日本初上陸を果たす。

    後にStones Throwからデビューを果たすAloe Blaccとのグループ、Emanonを結成していたExileが、そのAloe Blaccの紹介によってBluと出会ったことで二人のコラボレーションはスタートし、'07年にLAのレーベル、Sound In ColorよりBlu & Exile名義でのデビューアルバム『Below The Heavens』をリリース。この時点ですでにソロアルバム『Dirty Science』をリリースし、さらにJurassic 5やMobb Deepなどのプロデュースを手がけるなど、知る人ぞ知る存在となっていたExileのビートに加えて、BluのMCとしての高いスキルを明確に示したこの作品は、全米のみならずヨーロッパのシーンなどからも熱い注目を集めることとなった。
    その後、Exileはソロ名義でビートアルバムをリリースするのと並行して、プロデューサーとしてアンダーグラウンドからメジャー(Big Sean、Pharoahe Monch、Snoop Dogg、Whiz Khalifa等)まで幅広いアーティストの作品を手がけ、自らのキャリアを着実に進めていく。一方、Bluはデトロイト出身のTa'Raachとのユニット、C.R.A.C.やロングビーチ出身のMC/プロデューサー、MainframeとのユニットであるJohnson & Jonson名義でのアルバムをLAのレーベル、Tresより立て続けにリリース。一方、ソロでは一時はメジャーレーベルとも契約も果たし、(結果的にはメジャーデビューは果たせなかったものの)Flying Lotusらをプロデューサーとして迎えて制作された最新のソロアルバム『York』(原題『No York』)はLAビートシーンとも直結したディープなサウンドが高い評価を得ている。
    Blu & Exileとしては昨年、セカンドアルバム『Give Me My Flowers While I Can Still Smell Them』をリリースし、以降、二人でのライヴ活動が頻繁に行なわれている。全米のみならず、オーストラリアツアーも成功させ、さらにヨーロッパツアーも計画中という彼らが、今回、初となる日本ツアーでどのようなショウを披露してくれるのか?! ExileのMPCプレイも含めて、大いに期待したい!


    GAGLE
    DJ MITSU THE BEATS, HUNGER, DJ Mu-Rの3人からなるHIP HOPアーティスト。JAZZYSPORT所属。仙台在住。
    1996年に結成。2001年「BUST THE FACTS」でデビュー。その1年後、日本のHIP HOP CLASSICSの1つと名高い名曲『雪の革命』収録した1st Album「3 MENON WAX」をリリース。以来約10年で「屍を越えて」「若き匠たちへ」などの話題曲を含む4枚のアルバムをリリースをしている。時代とリンクしながらも譲らない曲制作と評価が高いライブパフォーマンスを武器に着実にファンを獲得している。2011年3月11日、東日本大震災を受けて急遽チャリティーソング「うぶこえ」を制作&リリース。仙台で被災した彼らの目線で綴った力強くも温かいメッセージとサウンドに、注目が集まった。2012年7月にorigami production所属のOVALLとのコラボレーションアルバム「GAGLE × OVALL」をリリース。2013年3月13日GAGLE名義では久々となる新曲「聞える」を配信リリース。そして実に4年ぶりとなる待望の5th Albumが控えている。
    GAGLE 聞えるよ feat. 七尾旅人 (Official PV)


    Side A:EyeSheTell produced by DJ Mitsu the Beats 試聴
    SideB:EyeSheTell (Mono × Monkey Remix) 試聴



    Record - Hip Hop | comments(0) | -

    再入荷・Blitz The Ambassador / The Warm Up EP (EP)

    0
      Blitz The Ambassador / The Warm Up
      Blitz The Ambassador / The Warm Up EP (EP) ¥1995(税込)

      再入荷!!

      2011年の『Native Sun』に続く『The Roots + Fela Kuti』なスタイルで人気を博すHip Hop Band=Blitz The AmbassadorによるEP!!

      ファンキーなアフリカン・ヴァイヴス溢れたトラックとフックのBustaのフレーズ、そこへFt.のFashawnが切れ味鋭く切れ込む「The Warm Up」。DJ Mu-R『IMA』収録の「Dikembe」。Sting~Shinehead『Englishman In New York』の流れを汲む、その名も『Africam In New York』。その他も浮遊感溢れたトラックに、Nnekaのキュートなコーラスと、TYのラップをフューチャーしたHip Hop/Nu Soulの「Bisa」などなど、持ち前のWorld色を残しつつも、音色的にもより柔軟かつ、幅広くなった全7曲!!

      A1. The Warm Up (ft. Fashawn) 試聴
      A2. Dikembe 試聴
      A3. African In New York 試聴
      A4. Internationally Known (ft. Sarkodie)
      B1. Respect Mine (ft. 20Syl, Emicida & Y'akoto) 試聴
      B2. Bisa (ft. Nneka & TY) 試聴
      B3. Royalty





      Record - Hip Hop | comments(0) | -

      再入荷・Illa J / Yancey Boys (2LP/Color Vinyl)

      0
        Illa J / Yancey BoysIlla J / Yancey Boys green
        Illa J / Yancey Boys (2LP/Color Vinyl) ¥2756(税込)

        再入荷!!

        Special Limited Edition Colored Vinyl!!!

        正にJay Dee95年〜98年、及びThe Ummah時代の空気感を感じることができる!と、各地で話題沸騰になったアルバムIlla J『Yancey Boys』。未だに色褪せる事ない大傑作盤がGreen Vinylにて再プレス!!

        もちろん全てがJ Dillaのプロデュースによるもので、傑作『WELCOME 2 DETORIT』を想起させるファットでスモーキーなビート・メイクに思わず目頭が…。J Dillaの名声を決定付けた出世作のクラシックス「Runnin'」や「Drop」を髣髴させる深遠なトラックも多数、まさに「IT'S 1995~!ex "Runnin"」なサウンド。デトロイトよりロスに移り、 J.Dillaの機材を保持するYancey Boy Studios(苗字のSanceyを取って兄弟の絆の象徴として)使い制作され、Illa自身曰く、"幻想とか幻に乗っかってるっていう気分"・・という90'Sアングラを彷彿させる奥行き深き、優美でファットなビート全14曲!!

        Back in 2008 Delicious Vinyl issued a pairing that was just meant to be with multi-talented Illa J rhyming and singing over a treasure trove of previously untouched Jay Dee gems, a full-circle collaboration and a whole new beginning in the story of the musically exceptional Yancey brothers...The vinyl on this release will now be available for the first time in years.

        When Jay Dee passed away from complications relating to lupus in February 2006, he left behind an extraordinary legacy of production work, including hits for Common, Janet Jackson, and Busta Rhymes. In addition to the hits, he left behind a mother lode of previously untouched beats that dates from his time working on the Pharcyde's sophomore album "Labcabincalifornia" (1995). As Delicious owner and founder Michael Ross explains, "From '95 through '98 Jay Dee was my go-to guy for hot beats and remixes. He was always making beats, always. So there was a select amount of tracks that he composed for me during that time, tracks as good as anything he'd done, only they never got used. When I finally met Illa J, I gave him a CD containing those unreleased beats." It was a case of pure serendipity, since 21-year-old Illa J had just relocated to Los Angeles and constructed a studio built around Jay Dee's own recording equipment, dubbing it Yancey Boy Studios in tribute to their fraternal bond.

        "Dilla was twelve years older than me," Illa J says. "So back in the day in Detroit I was just a little kid, sitting on the stairs in our house, watching him make those first beats for Slum Village. I always felt my brother's tracks and had an instinct for what I wanted to do over them. One of the things I learned from my brother is that you don't get that much time, so make the most of it. That's why I've decided to dedicate my life to doing what I love: music. To work with Delicious Vinyl, the label that released those hits my brother made with The Pharcyde ("Runnin'" and "Drop") is really special." Michael Ross says, "It's like Jay Dee made these tracks with an extrasensory purpose, so that Illa J could make this album. There is no question that this is exactly what they were meant for. These beats belong to Illa J, they're his birthright."


        A1. Timeless 試聴
        A2. We Here
        A3. R U Listenin'? feat. Guilty Simpson 試聴
        B1. Alien Family by Frank Nitty 試聴
        B2. Strugglin 試聴
        B3. Showtime
        B4. Swagger 試聴
        C1. Mr. Shakes (Skit) aka Affion Crockett
        C2. DFTF feat. Affion Crockett 試聴
        C3. All Good 試聴
        C4. Sounds Like Love feat. Debi Nova 試聴
        D1. Everytime 試聴
        D2. Illasoul
        D3. Air Signs 試聴







        Record - Hip Hop | comments(0) | -