再入荷・Hiatus Kaiyote / Choose Your Weapon (2LP/180g)

0
    Hiatus Kaiyote / Choose Your Weapon
    Hiatus Kaiyote / Choose Your Weapon (2LP/180g) ¥3980(税込)

    incl. Download Cord!!

    再入荷!!

    イチオシ!! コレは素晴らしい!!

    QuestloveやGilles Petersonも絶賛、Q-Tipも参加した1stアルバム『Tawk Tomahawk』がグラミー候補に挙がり、D'angelo、Jose James、Erykah Baduのフロント・アクトも務める等、その創造性に溢れるジャズ、ソウル世界に玄人筋からの注目も集まるオーストラリアのバンド=Hiatus Kaiyoteの2年振りとなる2ndアルバム『Choose Your Weapon』のアナログ盤!!

    前述のBaduや、Dilla、そしてFlying Lotusといったキーワードが、彼等を評する時に並べられるのも納得の、ジャズ、ファンク、ソウルの"温故知新”的な音世界が独創的に繰り広げられる作品。60年代〜70年代のソウル、ジャズのオーガニックなサウンド/グルーヴで、プログレ的とも言える予測不能な楽曲展開が繰り広げられ、暖かな高揚へと向かう「Breathing Underwater」。サイケデリックでスピリチュアルな世界からスウィングするジャズ・ソウルへ、そして変拍子からヒップホップ的グルーヴと展開する「Shaolin Monk Motherfunk 」。この2曲の濃密な楽曲性を味わうだけでも、このアルバムの凄さは想像できるはず。2015年の重要作の一つでは!?

    A1. Choose Your Weapon
    A2. Shaolin Monk Motherfunk
    A3. Laputa
    A4. Creations Part One
    A5. Borderline with My Atoms
    B1. Breathing Underwater
    B2. Cicada
    B3. Swamp Thing
    B4. Fingerprints
    B5. Jekyll
    C1. Prince Minikid
    C2. Atari
    C3. By Fire
    C4. Creations Part Two
    D1. The Lung
    D2. Only Time All the Time: Making Friends with Studio Owl
    D3. Molasses
    D4. Building A Ladder





    Record - Jazz | comments(0) | -

    Jose James / The Dreamer (LP)

    0
      Jose James / The Dreamer (LP)
      Jose James / The Dreamer (LP) ¥3240(税込)

      LP/180G重量盤(DLコード付き)
      リリース当時にJose Jamesの声と音楽性に魅了されたGilles Petersonが「15年にひとりの逸材」と断言!!

      今や、ロバート・グラスパーと並んで、ジャズの名門レーベル「Blue Note」の新時代を象徴するアーティストにまで成長したJose Jamesのデビュー・アルバムであり、その後、ジャズのニュー・ヒーローとなる彼の原点を収めた名盤『The Dreamer』が正規再発!!

      アナログ発売当時は即完売し早々にレア化、入手困難となっただけに今回の再発は嬉しい!!


      【新解説:柳樂光隆氏によるアルバム・レビュー】 (Jazz The New Chapterより抜粋)
      人力ドラムンベースの「Love」から始まり、コール &レスポンス形式のスピチュアルなローランド・カークの「Spirits Up Above」でヒップホップ以降を投入。フレディー・ハバード「Red Clay」をサンプリングして作られたフリースタイル・フェローシップ「Park Bench People」のソウル・ジャズなカヴァーも、ここに置くことでホセが敬愛するジョン・ヘンドリックスのスキャットやヴォーカリゼーションも想起させて、ジャズとヒップホップのナチュラルかつ高度な融合を感じさせる。「Red」(M-7)でウェイン・ショーターを、「Velvet」でジョン・コルトレーンを引用してジャズの歴史へリスペクトを捧げ、スパイク・リーの父ビル・リーの「Nola」や、キング牧師をイメージした歌詞の「The Dreamer」(M-8)でアメリカの黒人史にもコミットする。
      最近のスタイルを暗示するようなシンガー・ソングライター風の「Winterwindも改めて聴き返したい。
      あらゆる文脈をロンドンの地からクールに分析・俯瞰し、それを熱のこもったジャズに置き換えた、あまりにも出来過ぎた出発点。

      1. Love
      2. Spirits Up Above
      3. Park Bench People
      4. Blackeyedsusan
      5. Nola
      6. Red
      7. The Dreamer
      8. Velvet
      9. Winterwind
      10. Desire

      Record - Jazz | comments(0) | -

      Diggs Duke / Offering For Anxious (LP)

      0
        Diggs Duke / Offering For Anxious
        Diggs Duke / Offering For Anxious (LP) ¥2160(税込)

        DCからD'Angeloへの回答。
        Gilles Petersonに見出され突如ソウル界に出現、そして旋風を巻き起こすきっかけとなったDiggs Duke幻のデビューLPが再発!!

        本作『Offering For Anxious』は、並外れたDiggs Dukeの才能を世に知らしめたデビュー作。約25分間のレコードは、時間を感じさせない程にあっという間に終わり、気付けば彼の天才的なセンスに引きずり込まれ、そこに永遠に浸かっていたくなるような感覚に陥る。今作に収録の10曲は、今までBandcampでリリースされてきたEP (『Gravity』、『Black Gold』、『Mass Exodus Vol. 1+2』)のハイライトをまとめたもので、そのずば抜けたポテンシャルは、大物の風格さえ感じさせる。
        Diggs Dukeの音楽は過去や現在を問わず様々な影響を受けており、Herbie Hancock、Nick Drake (憂鬱さと喜びが同居するようなアトモスフィア)、John Coltrane、 Thundercat (本作品には彼の楽曲「Is It Love?」のカバーも収録されている )や、Flying Lotus、Emily Kingに通ずるものがある。 輝かしくパーカッシブな「Lion's Feast」や、くすみがかったラフなバウンス「Something In My Soul」 (MadlibのDJ Rels時代を想起させるトラック)、そして濃厚なサックスとボーカルのデュエットによる「Born From You」等、見逃し厳禁、超大型新人のデビュー作である。

        A1. Hard Words With The Oracle
        A2. Crazy Like A Fox
        A3. Is It Love?
        A4. Sweat Like Sieves
        A5. Born From You
        B1. Nine Winning Wives
        B2. Lions Feast
        B3. Something In My Soul
        B4. Cause I Love You
        B5. Mass Exodus





        Record - Jazz | comments(0) | -