Wax Poetics Japan No.25 (Book)

0
    wax poetics japan 25 rzawax poetics japan 25 rick james
    Wax Poetics Japan No.25 (Book) ¥1300(税込)

    Wax Poetics Japan No.25はRZAを表紙にして合計30ページに及ぶWu-Tang Clanの総力特集を掲載!
    25号という節目に相応しく、表紙全面に銀箔をあしらった特装仕様のWax Poetics Japan最新号は、2012年を締め括る豪華特大号!

    表紙はウータン・クランの総帥RZA。先頃、映画監督にも挑戦し、そのデンジャラスなグルーヴにいっそう磨きを掛ける RZAの最新語録を掲載。ウータン・クランという最強軍団の不穏な魅力を改めて提示すべく、オリジナル・メンバー紹介や歴史年表なども特集展開。話題のコラボ・ユニッ ト=ウー・ブロックの本誌独占インタビューも含め、およそ30ページ に及ぶウータン・クラン総力特集! その他、パンク・ファンクの帝王Rick James、スピリチュアル・ジャズの巨星ウェルドン・アーヴィン、 70年代を代表する伝説的ファンク・バンドのプレジャー、デトロイト・ テクノの最重要レーベルであるTransmat、レアグルーヴ~スピリチュアル・ジャズ・シーンで人気を博す謎多きレーベル=Strata など、要注目の長編記事が目白押し!


    RZA
    「カンフー映画には詳しいか?」。RZAの監督デビュー作『The Man with the Iron Fists』に関するインタビューが始まって30分ほどが経った頃、気付いたら私が質問される側になっていた……。史上最強のヒップホップ・グループ、ウータン・クランを率いるRZA。映画監督という新境地を切り拓いた彼のヴィジョンと哲学は、さらなる進化を遂げていた。本誌だけに語った、RZAの最新語録。



    Rick James
    1981年に発表したアルバム『Street Songs』で、リック・ジェームスはキャリア最大の成功を収めた。その約2年後にプリンスとマイケル・ジャクソンの時代が到来するまで、ブラック・ミュージックの玉座に君臨していたのは、間違いなく彼だったのだ……。リック・ジェームス本人やそのバンド・メンバーを始め、多数の関係者の証言によって明らかになる「歴史的名盤、その誕生秘話」。



    Wu-Tang Clan
    史上最強の武闘派ヒップホップ集団として、その一挙一動に注目が集まるウータン・クラン。デビュー作『Enter the Wu-Tang (36 Chambers)』のリリースから20年が経った今、そのデンジャラスな魅力を再検証するべく、ウータン・クランの総力特集を展開。オリジナル・メンバー紹介や、歴史年表、名盤レビューを始め、話題のコラボ・ユニット、ウー・ブロックの独占インタビューも掲載。



    Weldon Irvine
    「ウェルドンにはいかなる境界も存在しない。彼は解き放たれていて、自由だ。俺はときどき静かに座って彼を聴く。真実を教えてくれるからね」とQティップは言った。バンドリーダー、劇作家、作曲家として天賦の才を持ち、社会活動家としても知られたスピリチュアル・ジャズの巨星、ウェルドン・アーヴィン。衝撃的な自殺劇から10年が経った今、その偉大な功績について改めて考える。



    Pleasure
    プレジャーは切ないほど過小評価されているが、ファンク愛好家の間でその特有のサウンドは今でも根強い人気を誇る。ジャズ・クルセイダーズのウェイン・ヘンダーソンの指導のもと、彼らは70年代の前半にジャズの要素を混合した独自のファンク・スタイルを形成した。プレジャーがファンク史に残した遺産は、最上級のファンクと肩を並べることのできる、隠れた宝石の山なのである。



    Strata
    レアグルーヴやスピリチュアル・ジャズのシーンで高い人気を誇る、デトロイトの伝説的なレーベル、Strata。1973年から数年ほどの期間しか存在せず、主宰者のケニー・コックスがリーダーを務めたCJQを始め、僅か6タイトルを残したのみだが、その音楽は多くの人の心を掴んで離さない。Strata音源の発掘作業を進めるアミールのインタビューなどにより明かされる、謎多きレーベルの真実。



    Also includes:
    Wu-Block
    Transmat
    Blue Note 2013
    Adrian Younge
    Kendra Morris
    Alice Russell
    The Hot 8 Brass Band
    Nosaj Thing
    Jamie Lidell
    Mr. Itagaki a.k.a. Ita-cho
    Reserved Seat
    Funk Archaeology
    Trusty Sidekick



    ヴァイナル文化で銀ジャケに ハズレなしということで、 表紙全面に銀箔を あしらった永久保存版号!

    wax poetics japan 25

    Wax Poetics Japan | comments(0) | -

    Wax Poetics Japan No.24 (Book)

    0
      wax poetics japan 2a sade
      Wax Poetics Japan No.24 (Book) ¥1500(税込)

      最新号の Wax Poetics Japan No.24は世界中のミュージックラヴァーから愛されるSade を大特集!
      JJ DOOM「Rhymin Slang」 (JJ TRON REMIX) ソノシートも付属!!

      世界中のミュージックラヴァーから愛され続けるシャーデー。ファンク、ポップ、R&B、ジャズ、ラテン、レゲエなど、多種多様なエッセンスを吸収し、今なお大人の音楽を奏でている。彼女達の11ページに渡る長編記事と共にシャーデー・アデュの美しき写真を掲載。
      また、ドゥームとジャネイロ・ジャレルの黄金タッグ、JJ DOOM「Rhymin Slang (JJ TRON REMIX)」をソノシートとして付録。このリミックスは、ジャネイロ・ジャレルの別名義であるJJ TRON による、ハードでエレクトロニックなIDMビートの上に、ドゥームがスムーズに言葉を紡ぐ。オンリー・ワンのスタイルを貫く革命児、レニー・クラヴィッツや、クロスオーヴァーのパイオニアであるゲイリー・バーツ、新作を発表したデイム・ファンクなども大特集。


      Sade
      シャーデーはしばしばスムーズ・ジャズとクワイエットストームの中間に位置づけられるが、彼女たちはファンク、ポップス、R&B、ジャズ、ラテン、レゲエなど、多様なエッセンスを吸収して、ジャンルに縛られないアートを創造し、今なおクールでミステリアスで、洗練美をたたえた音楽を奏でている……。音楽ジャーナリズム界の権威、ネルソン・ジョージが綴る「シャーデーの真実」。



      JJ DOOM
      鉄仮面を被ったミステリアスなラッパー、MF DOOM。彼との対話により、その鉄仮面の裏には、深い知性、洞察力、そしてディープなスピリチュアリティが隠されていることを実感させられた。ニューヨーク出身のヒップホップ・プロデューサー、ジャネイロ・ジャネルとの黄金タッグ・ユニット、JJ DOOM の話を含め、その知られざる素顔に鋭く切り込んだ本誌独占ロング・インタビュー。



      Lenny Kravitz
      音楽業界にはびこるステレオタイプに陥らないよう注意した彼は、爆発的な人気を博したあとも音楽を学び続け、自身の確固たるアイデンティティを貫き通した。天性のロックスター、レニー・クラヴィッツは、音楽業界を巧みに渡り歩き、まったく独自の道を切り拓いたのだ……。レニー・クラヴィッツ本人、及び多数の関係者の貴重な証言によって浮かび上がる「成功の裏にある光と影」。



      Dam-Funk
      レア・ブギーやモダン・ソウルを鳴らし、颯爽とシーンに登場したデイム・ファンクは、自身のシンセ・ヘビーなハイブリッド・ファンクをStones Throw からドロップし、ロサンゼルスのモダン・ファンク・シーンの王座に就いた。ほぼ独力でファンクに対する世界の関心を再燃させたこのスーパー・フライな一匹狼は、自身のファンク・ビジョンをさらなる次元へと昇華させるつもりだ。



      Gary Bartz
      この偉大なサックス奏者の喋り方は、彼の演奏そのものだ。格好よくて、知的で、急進的で、どこまでも正直。今回、おおよそ2 時間に渡って、音楽、人種、マックス・ローチとチェスをしたこと、マイルス・デイヴィスやコメディアンのリチャード・プライヤーと笑った日々のこと、そして憧れのジョン・コルトレーンやマルコムX と対面したことなど、様々なことを存分に語ってくれた。



      Fat & Slim
      ヒップホップ・クラシックと名高い『Bizarre Ride II the Pharcyde』がリリースされてから20 年目の節目となる今年、ファーサイドの中軸メンバーの2 人、スリムキッド・トレとファットリップは、ますます活発な動きを見せている。今年12 月に来日ライブと、ファット&スリムという名義での新作リリースを控えている彼らに、過去、現在、そして未来のことについて語ってもらった。



      Also includes:
      quasimode
      The New Mastersounds
      Martha High & Speedometer
      origami PRODUCTIONS
      The Asphodells
      Alan Evans Trio
      Amon Tobin
      Tommy Guerrero
      WACK WACK RHYTHM BAND
      Few Colors In The Dark
      Hennessy artistry



      Flexi-Disc(ソノシート)
      :JJ DOOM

      「Rhymin Slang」(JJ TRON REMIX)

      Wax Poetics Japan | comments(0) | -

      Wax Poetics Japan No.23 (Book)

      0
        wax poetics japan 23wax poetics japan 23 ura
        Wax Poetics Japan No.23 (Book) ¥1500(税込)

        最新号 Wax Poetics Japan No.23はNas を大特集! MURO feat. INO hidefumi 新曲「DUB DARKNESS」(Wax Poetics Japan Edit) ソノシートも付属!!

        最新号は1994 年に『Illmatic』をドロップし、生きる伝説になったナズを大特集。前代未聞だった、1 枚のアルバムに売れっ子プロデューサーを何人も起用するという方法で、ヒップホップ・ゲームに変革をもたらし、ナズはとてつもない成功を手に入れた。『Illmatic』のリリースから20 年近くを経た現在、彼は『Life Is Good』という新作を発表。表舞台に登場した彼に、『Illmatic』を中心に過去から現在までの考えを聞き出す。裏表紙にはフライング・ロータスことスティーヴ・エリソン。アルバムをリリースするたびに革命が起こり、続々とフォロワーが登場する、フライング・ロータスにインタビューを試み、LA から誕生した新たなビート・ミュージック・シーンの中心人物になった理由を探ってみた。


        Nas
        1994年に『Illmatic』を発表し、ナズは生きる伝説になった。彼はヒップホップ・ゲームに変革をもたらし、成功を手に入れた。そのヒップホップ・クラシックのリリースから20年近くを経た現在においても、ヘッズの間で「世界で最もイルなMC は誰か?」という議論が始まれば、ナズの名は必ず上位に挙がる……。孤高のリリシストへの総力取材によって明らかにる、『Illmatic』誕生秘話



        Flying Lotus
        フライング・ロータスがアルバムを投下する度に革命が起こり、世界中の至るところでそのフォロワーが生まれる。ジョン・コルトレーンと同じ家系にいる彼が、ロサンゼルスで発生したビート・ミュージック・シーンの中心人物になるのは運命だったのかもしれない……。人間の内なる宇宙を探求した末に完成した新作『Until the Quiet Comes』に関する、本誌独占のロング・インタビュー。。



        The Roots
        1994年にメジャー・デビューしたザ・ルーツは、数少ないバンド形式のヒップホップ・アクトとしてシーンに登場し、脚光を浴びた。デビューから20年ほどの時を経て、彼らはキャリア最高傑作との呼び声が高い、通算13枚目のオリジナル・アルバム『Undun』を発表、最早アーティストとして達人の域にいることを世界に示した……。円熟のヒップホップ・バンド、その語られざる真実の物語。



        Smokey Robinson
        スモーキー・ロビンソンがいなければMotown は存在しなかった。マイケル・ジャクソン、スティーヴィー・ワンダー、マーヴィン・ゲイ……我々がそれらの存在を知ることもなかったかもしれない。彼はMotown のために新たな才能を発掘し、ヒット・ソングを作曲し、副社長として働いた。彼のストーリーはこれまでに何度も語られているが、いつもそれは伝記というよりおとぎ話に近かった。



        Bad Medicine

        バッド・メディシンの中心メンバーだったハリー・ラドは、短命に終わったこのバンドのキャリアを明らかにする膨大な量の写真、ポスター、漫画などを、今も大事に保管している。他のメンバーとの思い出を頼りにこの謎多きバンドの軌跡を綴った彼は、これまで誰も訊かなかった重大な疑問に回答した。「NY 北部出身のこの白人バンドが、なぜこれほどまでにファンキーになったのか?」。



        MURO
        サンプリングという手法は、その誕生から大きく時を隔てて今なお色褪せない。インターネットの世界に頼ることなく、いつの日もドーナツ盤のある場所に自ら足を運び、未知なる音源に手を伸ばすMURO も、サンプリングというアートフォームに導かれたDJ のひとりだ……。"キング・オブ・ディギン" ことMURO が本誌だけに語った、レコード・ディギングに対する変わらぬ情熱とその美学。



        Also includes:
        Pigeondust
        Jun Fukamachi
        Makoto Ozone
        Israeli Groove
        The Gaslamp Killer
        Mala
        The Heavy
        John Frusciante
        Federation of the Disco Pimp
        The Orb featuring Lee Scratch Perry
        Adrian Sherwood



        Flexi-Disc(ソノシート)
        :MURO feat. INO hidefumi

        「DUB DARKNESS」(Wax Poetics Japan Edit)
        Flexi-Disc( ソノシート) MURO feat. INO hidefumi 「DUB DARKNESS」(Wax Poetics Japan Edit)

        Wax Poetics Japan | comments(0) | -