再入荷・V.A. / Free Soul. The Treasure Of Tabu (CD)

0
    V.A. / Free Soul. The Treasure Of Tabu
    V.A. / Free Soul. The Treasure Of Tabu (CD) ¥2376(税込)

    再入荷!!

    20周年を迎えて盛り上がる『Free Soul』シリーズ最新作は「Tabu Records」編!!

    ガラージ~レア・グルーヴの名盤、Sharon Ridleyから、Jam & Lewisのプロデュースで80年代前半のダンス・シーンを席巻した、The S.O.S. BandやAlexander O'Nealらによるゴージャス&メロウな世界に酔いしれる。
    懐かしくもあり新しい2014年のフリー・ソウル。アーバン・ブラック・ミュージックの名門「Tabu Records」の珠玉の名作が選び抜かれた、グルーヴー&メロウなFree Soul的感性によるアラウンド・80sのニュー・パー スペクティヴ。
    胸疼く麗しの名曲「Changin'」~「Destiny」を筆頭に、Jam & Lewisのプロデュース手腕が光るS.O.S. Band, Alexander O'Neal, Cherrelleといった看板アーティストはもちろん、都会的な色香溢れるアダルト・ブギーからメロウ・フローター/クワイエット・ストーム、ナイトクルージング~ベッドルーム・ソウルまで、多くのカヴァーやサンプリングを生み、D'AngeloやMaxwellもトリビュートを捧げた傑作群が80分以上にわたって連なる決定版コンピレイション!!

    1. CHANGIN' / Sharon Ridley from the album“Full Moon”(1978)
    2. DESTINY / Woods Empire from the album“Universal Love”(1981)
    3. LOOK AT US NOW / Alexander O'Neal from the album“Alexander O'Neal”(1985)
    4. WAITING FOR SOMEONE / Brainstorm from the album“Stormin'”(1977)
    5. KOKO AND LEEROE / Manfred Fest from the album“Manifestation”(1979)
    6. GROOVIN' (THAT'S WHAT WE'RE DOIN') / The S.O.S. Band from the album“III”(1982)
    7. TAKE YOUR TIME (DO IT RIGHT) PART 1 / The S.O.S. Band from the single“Take Your Time (Do It Right)”(1980)
    8. JUST BE GOOD TO ME - Special Version / The S.O.S. Band from the single“Just Be Good To Me”(1983)
    9. FOR LOVERS ONLY / General Caine from the album“Girls”(1982)
    10. TELL ME IF YOU STILL CARE / The S.O.S. Band from the album“On The Rise”(1983)
    11. NO ONE'S GONNA LOVE YOU / The S.O.S. Band from the album“Just The Way You Like It”(1984)
    12. WEEKEND GIRL (J.Harris III - T.Lewis) The S.O.S. Band from the album“Just The Way You Like It”(1984)
    13. UNIVERSAL LOVE / Woods Empire from the album“Universal Love”(1981)
    14. THE FINEST - 7" Edit / The S.O.S. Band from the single“The Finest”(1986)
    15. NEVER KNEW LOVE LIKE THIS / Alexander O'Neal feat. Cherrelle from the album“Hearsay”(1987)
    16. SATURDAY LOVE / Cherrelle feat. Alexander O'Neal from the album“High Priority”(1985)
    17. ANYTHING FOR YOU / Anacostia from the album“Anacostia”(1978)
    18. BRAND NEW DAY / Brainstorm from the album“Journey To The Light”(1978)

    Total Playing Time 81'16"


    CD | comments(0) | -

    Simba & Milton Gulli / The Heroes - A Tribute To A Tribe... (CD)

    0
      Simba & Milton Gulli / The Heroes - A Tribute To A Tribe...
      Simba & Milton Gulli / The Heroes - A Tribute To A Tribe... (CD) ¥1900(税込)

      BBE」から新しい風!! アフリカからのA Tribe Called Questトリビュート・アルバム!!

      彼等に影響を受けたATCQチルドレンであるアフリカのMC=Simbaと、モザンビーク共和国の凄腕ミュージシャン、Milton GulliのコンビによるA Tribe Called Questのトリビュート・ライブ・アルバム!!
      そのリリックやスタイル・ビジュアルを通してアフリカ中心主義(Afrocentric)を主張していたATCQだけに、アフリカからのトリビュートはまさに理想的!
      チルアウトな雰囲気はそのままに、よりジャジーでメロウに仕立て直したTR7「Bonita Applebum」や、Lou Reedの『Walk On The Wild Side』のベースラインは残しつつ、アフロビート調にアレンジした驚きのTR4「Can I Kick It」、最強のブレイクのひとつIncredible Bongo Band の『Apache』をサンプリングした驚愕のTR8「Scenario」など、単なるカヴァーではなく、生演奏によるジャズやファンク・サウンド、そして彼等の出自であるアフリカ音楽も巧みに取り入れた、オリジナリティ溢れる素晴らしい楽曲に生まれ変わっています!!

      あらゆる瞬間でヒップホップ愛を感じさせるヘッズ感涙の11曲です!!
      アナログでのリリースはされておりません!!

      You could be forgiven if, when you close your eyes and imagine Mozambique, nothing comes to mind besides Samora Machel, poverty, great fish, awesome beaches and beautiful Portuguese-speaking men and women. A producer and a rapper from Mozambique? Rapping in English? Get outta here!


      Music is not just art, just words, just sounds, it is an invisible net that binds us, fusing with our souls, telling our stories. This is the story of how A Tribe Called Quest inspired two Mozambican artists, the rapper Simba and producer and musician Milton Gulli to make a difference musically, to not fear being different, to not fear self expression. This tribute is to thank ATCQ for being the first to take these steps, and to make it easier for those who followed.


      Like all other art forms, music is a means of self-expression. This album is an expression which purpose is to thank “A Tribe Called Quest” for being, not only a source of inspiration, but more importantly a source of positive energy. This album also serves as a message to ATCQ, urging them to get past their differences and remember their roots as a hip hop band. We hope that the response of their listeners will remind the band of why they started making music, of their roots, and of their duty to their fans.


      “The Heroes: A Tribute To A Tribe Called Quest” is a voyage, from the 90’s when ATCQ was at its peak, to now, taking the listener on an evolutionary tour of hip hop to Southern Africa. This album is not only a tribute to ATCQ, but also a symbol of the happiness and joy in the simplicity of life, love, and music.


      1. Intro
      2. Excursions 試聴
      3. African Tour 試聴
      4. Can I Kick It (Chuta)
      5. Electric Relaxation
      6. Bonita Intro
      7. Bonita Applebum 試聴
      8. Scenario
      9. God Lives Through (I Love My God)
      10. We've Got The Jazz 試聴
      11. Outro




      CD | comments(0) | -

      Chris Turner / Lovelife Is A Challenge (CD)

      0
        CHRIS TURNER prof
        Chris Turner / Lovelife Is A Challenge (CD) ¥2376(税込)

        Marvin Gaye、Al Green、Barry Whiteに次ぐ愛の伝道師にして、ヒップホップ世代のジャズ革命の最先端グループ「ERIMAJI」参加、次世代のソウル・ミュージックを担うシンガーChris Turnerが日本限定で待望のCD化!!

        D'AngeloやBiralの系譜に連なるファルセット・クルーナーのChris 、「愛」をテーマに ロマンティックに歌い上げ、Marvin Gaye『Let’s Get It On』やAl Green『Let’s Stay Together』を筆頭とする寝室音楽としてのソウル・ミュージックを今再び蘇らせた、ソウル・ファン必聴の傑作 。
        メロウでジャジーなグルーヴたっぷりのスウィートなオリジナル曲をはじめ、Sadeの名曲「Kiss Of Life」のアコースティックなカヴァーや、Stevie Wonderの72年の傑作 『Music Of Mind』収録の傑作スロウ「Seems So Long」のカヴァーも収録。ジャジーなホーン・セッションとメロウなキーボードを従えセクシーなファルセットを聴かせる「Let Go」で、早くもこのアルバムの甘く切なくやるせない世界観に引き込まれること間違いなし。Donny Hathawayを彷彿させる好ましいテナーと十八番のファルセットを巧みに使い分けるミッド・ ナンバーの「Brainstormin'」 、ドリーミーなイントロではじまり、穏やかな雰囲気の中で胸が締め付けられるようなファルセットで官能的に迫る「Find A Way」や、同じくスロウなテンポでセックス前の前戯のよう にエロティックな「There's No Way」で、もうソウル・ファンは悶絶必至。先行シングルとして話題となった「Liquid Love」、ファンキーなホーンとグルー ヴィーなベースが牽引する疾走感あふれるサウンドに乗り、"All I, all I need is a taste of your love baby, come on give it to me! All I, all I need is your liquid love baby, come on give it to me!!"という赤裸々なフックをプリンスばりのファルセットで激しく歌う曲で、『Brownswood Bubblers Seven』 にも収録! 美しいア・カペラ・ファルセットで始まり、木漏れ日のような穏やかな情緒たっぷりの楽曲の上でソウルフルの極みといえるファルセット・コーラスを堪能できる「While I Wait」も絶品。
        メロウ&ジャジーなビートと、ジャズ歌唱のニュアンスも混じえつつ飛 び抜けてエロティックなヴォーカルを響かせるクリスにソウル・ファンだけでなくヒップホップ・ファンも虜に。 メロウかつエロティックで、ベッド・ルームを舞台とするソウル・ミュージック。90年代ニュー・ソウル〜 90年代以降のネオソウルの流れの正式後継ともいえるアルバム。


        CHRIS TURNER
        オークランド出身で、現在はNYを拠点に活動するクリス・ターナー。シンガーであった父親に憧れ、幼い頃からシンガーを志し、高校時代にはその高い歌唱力が評価され、グラミー・ジャズ・アン サンブルのメンバーに選出される。高校卒業後は、あのロバート・グラスパーやビラル、ホセ・ジェームスも卒業生として名を連ねるNY の名門校「New School」にてジャズ&コンテンポラリー・ ミュージックを学ぶ。「New School」の先輩でもあるビラルと共にツアーをし、またクリス・ブラウンやバウ・ワウ、ショーン・キングストンといったビッグ・ネームのツアーにも同行し、音楽業界でのキャ リアを積む。2013年には、友人でもあるエスペランサ・スポルディングのアルバム『Radio Music Society』のワールド・ツアー・メンバーとして来日も果たす。高校時代からの付き合いであると いうジェシー・ボーイキンス三世と共に 「The Romantic Movement」というプロジェクト/グループを立ち上げ、自らの音楽を“ワールド・ソウル”と標榜、新しい世代のブラック・ミュージックを世 に提示し、ドラマーのJamire Williamsを中心にNYの若手ジャズマンが集った話題のバンド:ERIMAJ ではヴォーカルも務めるなど、ソウル/ジャズの垣根を越えて活躍が期待されるシンガー。

        1. Brainstormin'試聴
        2. There's No Way
        3. Liquid Love試聴
        4. Let Go feat. Moruf試聴
        5. Kiss Of Life試聴
        6. Jane & Eve
        7. ExtraSolarLove
        8. Find A Way
        9. All We Need
        10. Come Off It
        11. Undone
        12. Seems So Long
        13. My Love Here試聴
        14. Believe
        15. Don't Go
        16. While I Wait



        CD | comments(0) | -